エルドゥルム・ベイ


人材情報

erdrmbei.pngunit934.png

列伝

稲妻将軍
ベスキド帝国のジバ人武将。渾名の"稲妻"は優秀な砲兵に対する称賛。
堅く篭城するイスマン同盟の諸都市の為にベスキド帝国は大砲を必要とした。
ベスキド帝国は同盟関係にあったジバ・ラダドゥームより大砲を譲り受けたが、
重過ぎるジバの大砲は船で運搬する事が出来ず、陸路で山を越えさせる必要があった。
エルドゥルムは大砲の山越えを指揮、犠牲を出しながらもこれを成功させ、
氷都ベルイニンムーニャ攻略において大功を立てた。
続くアルハニムーニャ攻囲戦では、一千の騎兵隊を率いて三倍にも及ぶイスマン・ルーリアン連合軍の兵を止める奮戦を見せるも、
全体の流れを変える事は出来ずに敗走を余儀なくされる。
撤退の中で同盟軍カラ・コサックに援助を求めるも、
既にルーリアンとの停戦を模索していたマフムード・ギライは彼を捕縛。
戦後も拘束は解かれる事無く、マフムードの命により処刑された。

台詞

雇用時:「騎兵と砲兵が戦場を支配している。 これまでも、これからも、それは不変だろう。」
退却時:「我が部隊が、ここで敗北を喫するのか……!?」
死亡時:「私が倒れようと、後ろに続く者が目的を完遂するだろう……」

必殺スキル発動時

破城の偽装坑道:「どうだろうか、ここは一つ偽装坑道で相手方の目を惹き付けてみましょう」
破城の軍勢:「眼前の障害を排除せよ!」

ボイス

待機時

前進時

互角時

優勢時

劣勢時


基本設定

性別 男性 雇用費 (本編) 1600
肩書き 稲妻将軍 雇用費 (ランダムシナリオ) 1160
種族 人間 雇用費 (本編・ランシナ以外) 6800
クラス マワーリー重装槍騎兵 維持費 -600
上位雇用 
(ランシナ以外)
治療費 (×レベル) 150

能力値

括弧内は1レベルごとの成長値(初期値に対する割合の%表記)
HP 1950(13) MP 160(3)
攻撃 145(9) 防御 70(5)
魔力 120(5) 魔抵抗 65(5)
素早さ 90 技術 50(3)
HP回復 13(3) MP回復 1
移動力 280 移動タイプ 騎兵
召喚数 1 召喚レベル 25%
ノック耐性   exp_mul 138
※所属クラスの一般兵より高い能力を青字、低い能力を赤字で表記

耐性

武器 砲撃 銃撃 対歩 対騎 対魔 突撃
+1     -2 +3 -3   +2
魔力  
+2       -4      
麻痺 恐慌 幻覚 混乱 即死    
無敵 -1 無敵 +1 -2 +3    
※部隊スキルにより更に麻痺耐性+1 矢耐性+1

スキル

能力・耐性変化スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 詳細
指揮lv1 リーダースキル 10~19 HP+10%
指揮lv2 20~29 HP+15%
指揮lv3 30~ HP+20%
騎兵鎧の研究lv1 部隊スキル 15~24 麻痺耐性+2
騎兵胸甲の研究lv2 25~ 麻痺耐性+3
持久戦論者lv1 部隊スキル 25~34 HP回復+10
持久戦論者lv2 35~ HP回復+20
疫学lv1 部隊スキル 10~14 毒耐性+1
疫学lv2 15~24 毒耐性+2
疫学lv3 25~ 毒耐性+3
軍事教導者lv1 リーダースキル 1~ 訓練効果+1

戦闘スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
破城の偽装坑道 個人スキル 15~ 攻撃×0%
 ↓
攻撃×40%
300 800 武器攻撃
 ↓
武器攻撃
  必殺技
減速35%
 ↓
引寄, ノックパワー25, 範囲
破城の軍勢 リーダースキル 20~ 攻撃×0%
 ↓
攻撃×50%
80 140 武器攻撃
 ↓
武器攻撃
  必殺技
 
 ↓
範囲

※その他、マワーリー重装槍騎兵のスキルを取得。

固有部隊スキル

稲妻将軍
能力 HP+25% 攻撃・防御+10% 魔抵抗-35% HP回復・MP回復+50%
耐性 麻痺+1 矢+1
「騎兵も砲兵も根幹は圧倒的質量だ」

アシストスキル

稲妻将軍
能力 HP・防御+10%
耐性 麻痺+1 矢+1
「騎兵も砲兵も根幹は圧倒的質量だ」

雇用範囲 (【本編】百年戦争の終わりに)

種族 人間
クラス マワーリー重装槍騎兵 ラダドゥーム砲
人材  

雇用範囲 (本編以外)


陪臣にすることができる人材

...


陪臣になることができる人材

...


キャラ特徴

騎兵と大砲バンザイな将軍。
なんとあのバカでかいラダドゥーム砲を山越えさせるという凄い人。
ベスキド帝国の優秀な将軍だがシナリオでは特に語られず、史実モードのアルハニムーニャ攻囲戦でも地味に先陣を切っているがセリフはない。
マフムードが相当アレな性格だけに、捕らえられて処刑とか嫌な予感しかしない、かわいそうな将軍である。

全般

本編では放浪人材だが、ほぼベスキド帝国に拾われる位置に登場する。
戦役Ⅰではベスキド帝国に所属、なんとラダドゥーム砲を引き連れての登場である。なぜか砲兵なのに前衛にいるが
戦役Ⅱ以降では登場しない、マフムード…

人材としての能力は魔法に弱くなる代わりに、他の能力を上げて麻痺の耐性をつけるという銃兵への突撃向けの騎兵人材。
彼のクラスのマワーリー重装槍騎兵は「ノックバックしない」ため、銃兵の決め手になりうる。
…と言いたい所だったが、更新でマワーリーのノックバック耐性は没収されてしまった。
とはいえ騎兵として弱くなったわけではないので、通常の突撃運用ならまだまだ現役。

だが、なによりラダドゥーム砲(通称ジバ砲)を雇用できるのが特徴。しかもジバ砲の耐久性も上げてくれるのでよりグッド。
このジバ砲、野戦では1部隊居ても以前ほどの制圧力は無いが、敵が城に籠っている時は1部隊居るだけで鬼のように強い。
位置・スキル指定による超射程砲撃は固くない前衛とあらゆる後衛を滅殺する。ダーダを筆頭に弾が跳ねる砲兵が居ない勢力の救世主。

ただ条件は厳しく、本編ではジバ帝国を滅亡させるなりして砂都エウ・ラ・オウルを占拠してやっとそこから雇用できる……が
肝心のジバ所有の砂都攻めこそが本作最難関クラスの攻城戦である。うごご……

なお、前記の通りマワーリー重装槍騎兵は更新でノックバック耐性が没収されたことで強引な突撃は不可能になってしまったが、
代わりに必殺スキルが二つ追加されて、彼自身は強くなった。射程の都合上、ジバ砲を率いて後衛でゆっくりしてると腐るが

なお彼自身は盲目のオルジェイトから雇用が繋がるため、ほぼどの勢力でも雇えるのも特徴。
というか傭兵のダーダ棍棒戦士→フォークストン少尉→盲目のオルジェイト→と経由する事で全勢力で雇用可能。

操作方法

基本的に率いている兵科に準ずる。
騎兵ならば耐久が上がったとはいえ、元々の耐性は矢以外低く、魔法にも弱くなっているので、突撃の場合は相手をよく見て注意して運用しよう。
KB無効が災いして直撃する制圧射撃はもちろんの事、特にマワーリーは元が土に致命的に弱いため必ず注意したい。

ジバ砲を率いている場合は後衛に下げるため本人のレベルを上げにくい。
特に鈍重な砲台のため、移動や位置指定の操作は細かく行う必要がある。騎兵である本人の操作まで気が回らないことが多いはず。
それでもレベルを上げればHPアップのリーダースキルが上がり、砲台が硬くなるので、他の騎兵に混ぜて突撃させてあげよう。

敵対時対処法

戦役などでは最初の一回だけラダドゥーム砲を率いてくるが、一度殲滅してしまえばあとはただの騎兵部隊になる。
麻痺に対してかなり強くなってはいるが、通常の騎兵の対処でもとくに問題はないだろう。

旗揚げ・ランダムシナリオでのマスター時

勢力名 マムルーク朝ベスキド帝国
リーダー可能種族 人間
リーダー可能クラス マワーリー重装槍騎兵 砂漠軽騎兵 ラダドゥーム砲
騎兵二種に加え、なんとジバ砲を一般雇用可能。他の騎兵中心編成のマスターとは異なり、銃兵は何の問題もなく吹き飛ばせる。
…が、それ以外が騎兵しかいない都合上、どうやってジバ砲を守るかが最大の問題。
また対騎兵能力が欠けており、弓騎兵や竜騎兵の対処が苦手。
特に対騎兵能力に長けたコサックや、ハイランダーが最大の脅威になる。



  • 最終更新:2019-01-01 18:40:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード