黄のエルディアイ


人材情報

face687.pngunit687.png

列伝

竜鳥族戦鬼
元ラベリヤ枢機卿。聖都での政争に敗れて南方教団に逃れる。
度を越えた汚職で失脚した先代とは違い清廉潔白な人物で、如何なる派閥にも属さず総主教闘争には一貫して傍観の立場にあったが、
その無関心さ故に無実の罪で枢機卿の座を追われた。
復活後、ハハ・ロッサ北の海戦ではコスタ公ギーの帆船カティサークに単身乗り込む奮迅の活躍をするも、
船ごと爆破された事によって行動不能に陥り、南海に沈んだ。今もエルディアイは南地中海の海底で死ぬ事も出来ずに溺れ続けている。

台詞

雇用時:「何もかも、弱く、しかし、繁茂している。煩わしい……煩わしい事だ」
退却時:「なるほど、鬱陶しいゴミどもだ」
死亡時:「バカなっ!?」

必殺スキル発動時

ウォーターピラー:「我らを煩わせた猪口才もここまでだ」

ボイス

待機時

前進時

互角時

優勢時

劣勢時


基本設定

性別 男性 雇用費 (本編) 9800
肩書き 竜鳥族戦鬼 雇用費 (ランダムシナリオ) 980
種族 竜鳥族 雇用費 (本編・ランシナ以外) 9800
クラス 戦鬼(戦鬼系) 維持費 500
上位雇用 
(ランシナ以外)
不可 治療費 (×レベル) 150

能力値

括弧内は1レベルごとの成長値(初期値に対する割合の%表記)
HP 2150(15) MP 150(3)
攻撃 110(9) 防御 65(7)
魔力 95(9) 魔抵抗 70(7)
素早さ 125 技術 75(5)
HP回復 62(3) MP回復 2(3)
移動力 240 移動タイプ 鈍足
召喚数 1 召喚レベル 25%
ノック耐性 無限 exp_mul 144
※所属クラスの一般兵より高い能力を青字、低い能力を赤字で表記

耐性

武器 砲撃 銃撃 対歩 対騎 対魔 突撃
+2   +1 +1     -3 +2
魔力  
  +2 +2 +2 +2 +2 +2  
麻痺 恐慌 幻覚 混乱 即死    
+2 無敵 無敵   +1 無敵    
※部隊スキルにより更に突撃耐性+1

スキル

能力・耐性変化スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 詳細
指揮lv1 リーダースキル 1~ HP+10%
天賦の肉体lv3 個人スキル 1~ HP+50%

戦闘スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
部隊統制lv3 '個人スキル 1~ 攻撃×150%   520 全異常治療 10  
ノコギリ攻撃lv1 個人スキル 1~14 攻撃×200%

攻撃×100%
接近時 0 対魔攻撃

対歩攻撃
0 即死付加100%
 ↓
範囲,誘導,貫通
ノコギリ攻撃lv2 15~24 攻撃×250%

攻撃×115%
ノコギリ攻撃lv3 25~ 攻撃×300%

攻撃×130%
対人用ノコギリ 個人スキル 1~ 攻撃×160% 220 60 対魔攻撃 0 範囲,貫通
走鳥歩法 個人スキル 1~ 攻撃×200%
 ↓
攻撃×100%
125 150
 ↓
90
騎兵突撃
 ↓
武器攻撃
0 前進型,弾く,ノックパワー:30,加速50%,クールタイム1,恐慌付加100%
 ↓
6連射,恐慌付加100%,相殺レベル3
相殺:矢・銃撃・対歩・対騎・対魔
ウォーターピラー 個人スキル 20~ 攻撃×65%
 ↓
攻撃×40%
or攻撃×35%
or攻撃×50%
 ↓
攻撃×40%
225 800
 ↓
100
 ↓
0
水魔法

武器攻撃

武器攻撃
0 必殺技
引寄,貫通,減速25%
 ↓
範囲
 ↓
弾く,範囲,貫通

固有部隊スキル

竜鳥<貫徹の黄>
能力 攻撃・魔力 +15% HP回復+25% 移動力+10%
耐性 矢+1
本能が真っ先に覚えるのは"恐怖"だ。

アシストスキル

竜鳥<貫徹の黄>
能力 攻撃・魔力 +10% HP回復+25%
耐性 矢・銃撃+1
本能が真っ先に覚えるのは"恐怖"だ。

雇用範囲 (【本編】百年戦争の終わりに)

種族 人間 竜鳥族 不死者
クラス 不浄兵 黒宗魔女 ラベリヤ神兵 ピグマリオン
人材  

雇用範囲 (本編以外)


陪臣にすることができる人材

...


陪臣になることができる人材

...


キャラ特徴

元ラベリヤ枢機卿にして彼女の弟子。ノコギリ攻撃を持っているのはそのためと思われる。
二人が離別したタイミングを考えるとどうも師匠は生前からノコギリを振り回していたようだ。とても恐ろしい。
師匠とは違って清廉潔白な人物であったらしいが、今はすっかり鳥竜族に染まっている。でも師匠は怖い。
テスハム・アライサムプレイ時に彼とバベッジを会わせた時の反応は一見の価値がある。ばべばべバベッジ!

全般

本編南方屍教団の初期人材。
戦役Ⅰからはおそらく海の底で溺れっぱなしと予想される。

師匠譲りのノコギリ2本に加えて、凶悪な必殺技であるウォーターピラーの持ち主。
ステータスはHPと攻撃力に優れるというアタッカー仕様。
ウォーターピラーは言わずとしれたリセット誘発必殺、戦鬼の攻撃力から放たれる水柱が敵をゴソッと消し飛ばす。変な方向に曲がる事があるのはご愛嬌。

ノコギリ攻撃は初段は即死付きの高倍率の対魔攻撃で、追加部分は大鎌のもので近接としては広範囲に対歩攻撃を出す。
まぁ要するに即死がついた大鎌攻撃である。見た目も大鎌だが気にしてはいけない。
通りのいい対魔と強力な対歩を備えた、このノコギリは歩兵の集団に恐ろしく強い。存分に下等種をひき肉にしてやろう。

対人用ノコギリは対魔属性のノコギリを突き出して攻撃する範囲攻撃。貫通のおかげで複数回あたるので威力は上場。
まぁのオエーッが倍率こそ多少劣るものの射程と麻痺を付与する点で勝り、連続HIT数もあちらの方が多いようなので劣化感も強いのだがこちらも強力。
ちなみに対魔に弱いクラスは武器にも弱い事が多く、わりと前衛向けの属性だが中でもブロブ兵は武器に強いが対魔に弱くて最高に相性が良い。
……これは本当に対人用なんだろうか?

部下は単純に優秀なピグマリオンでいいと思われる。爆殺は自分のメインの役割とやや被るが負担を軽くしてくれると考えれば好相性。
南方屍教団の場合は乙女文楽でマスケット銃をいくつか出すのもそこそこ有用。
あるいはアシストスキルの耐性もステータスもにとって美味しいのでそちらを援護する手もないことはない。

操作方法

まずはウォーターピラー。この必殺は基本的に密集する味方と違って、散開しがちな敵には案外被害が出にくい。
しっかり活用するなら敵塊の眼の前で発動させるのがいい。走鳥歩法と優れた体力を生かして密着からのピラーで敵を吹き飛ばそう。
PC操作でウォーターピラーを最も活かせるのは移動力の関係でおそらくこの黄ペンギンとなる。
特に敵が自然に密集してくれる攻城戦は絶好の狩場となるので、意識して編成を考えると

黄色ペンギンの強みはやはりノコギリ攻撃である。優れたステータスからの強力なスキルで敵のHPがゴリゴリ削れる。
しかし近接攻撃なのがネックで、敵レベルが低くこちらがレベル的に優位が取れる序盤はともかく中盤以降は歩兵のど真ん中で余裕という訳にはいかない。
しっかりと回復の届く位置でHPに気をつけながらノコギリを振り回そう。幸い、走鳥歩法は近接不可がないのでHPが減ったら一瞬で離脱することができる。
あるいは召喚壁や不浄兵などを生かして影から対人用ノコギリをぶつけ続けても良い。
このほうが消耗が少なくリスクも少ない。HP回復残量や敵の数と相談して立ち回りを決めよう。

もちろん走鳥歩法で後衛を狙いに行ってもよい。2種のノコギリで凄まじい虐殺パーティーを開ける。

なお欠点は近接に特化した人材にありがちだが、放置しとくとニート化しやすいことである…
放置するにしても最前列への配置だけは徹底しよう。とりあえず前にいれば対人用ノコギリを使ってくれて戦闘に貢献してくれる。

敵対時対処法

ウォーターピラーは全戦鬼人材でも屈指の危険度の必殺技。
早めに召喚で釣りつつ本隊を全力で退避させて、水柱がこっちに曲がらないように祈るのが基本対処…
と、言いたいが発動距離が225しかないので召喚を厚く出来ないと召喚兵が射程内まで辿り着かず、釣りの役割を果たせないのには注意したい。
移動力に優れたユニットで一気に距離を詰めたり、戦場工事や遠隔召喚を利用して後ろに撃たせたりできるとより安全。

レベル20未満か必殺を吐き出した後は大した脅威ではないが、そうは言っても戦鬼で固有近接持ち。
触れられた歩兵は溶けかねないので丁寧に弾幕で歓迎しよう。

旗揚げ・ランダムシナリオでのマスター時

勢力名 竜鳥八営黄陣軍
リーダー可能種族 人間 竜鳥族 不死者
リーダー可能クラス 不浄兵 黒宗魔女 ラベリヤ神兵 ピグマリオン 白砂糖重装歩兵 白砂糖重装騎兵 従軍僧 異端審問官
戦役雇用と同一。2種の前衛歩兵と騎兵、豊富な魔法兵に火力担当の異端審問官と割とバランスのいい編成。
騎兵に対して有効な攻め手に欠けるように見えるが、ピグマリオンの仕様を生かすことでビスク・マスケッターを一般にできるため隙は無い。



  • 最終更新:2019-02-03 20:21:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード