アルシカ党

勢力情報

Flag26.png

勢力説明

異民族による圧迫と貴族同士の内乱で膨れ上がった難民は、
誰からとも無く豊かで安全な大陸東部へ行くべくラーケドの関に殺到した。

しかし、同じように内乱を続ける東部に、
彼らを受け入れる余裕などあるはずもない。

ラーケドの関が閉ざされた時、
アルシア・アルシカが難民たちに武器と火薬を渡して言った。

「王侯将相いずくんぞ、種あらんや」
(大陸の東と西に生まれた違いで、
 どうして我々がこのような目に遭わねばならないのか?)

――ラーケドの関は破られた。

基本情報

マスター アルシア・アルシカ
難易度 ■■■■□
初期資金 12800
初期領土数 1
宿敵 黒火浄罪機関

初期・固有人材
名前 クラス 身分 雇用可能ターン
アルシア・アルシカ 宇宙大公主 マスター 初期
黒のベスティラ 戦鬼 上士 初期
閻証聖 幽暗墨家 一般 初期
閻天授 幽暗墨家 一般 初期
カンカン パンダ 放浪 6~
バクバク パンダ 放浪 9~

リーダーに出来る一般クラス

arushiaarushika.pngbesutira.pngface715.pngentenju.pngknkn.pngbkbk.png

解説

種族皇帝、アルシア・アルシカの率いる貧民と別世界人の集団。
同じ貧民国家の黒火と比べ格段に装備が充実している。
上位存在のオンパレードなストーリー。日常的なラスボス達が見れる。

初期領地は大陸中央部に位置するラーケドの関。当然敵に囲まれやすい。そして外交状況もよろしくない。
しかし兵科は強力。無限召喚、MP回復共に一般だけで可能という恐るべき召喚力。そして結構安価。
呼び出された兵士は強打攻撃しか使えない雑魚ではあるが、銃弾の一つは身をもって止められるし、必殺技だって釣ることができる。
が、全体的に脆く、機動力にも欠ける。そのため砲撃や騎兵に非常に弱い。

しかしステータスが軒並み貧弱であったり、スキルが貧弱or射程が短かったり、コスパが悪かったり……と、どいつもこいつも癖のあるラインナップ。
また、アルシカ党の兵科らしい説明をされている砲兵二種銃兵騎兵一種が存在するが本編では人材の部下にしか使えない。悲しい。

最初はベスティラにキタイ黄旗槍軍馬かジバ陵墓守衛、アルシカ・閻姉妹に火箭兵か明軍鳥銃兵がオススメ。
更新によって泰山両廠士が銃兵を呼べるようになったので、人材部隊を騎兵対策の墓守や鳥銃兵に振る必要は減少傾向にある。
西側は勢力が密集しているうえ財政値も高くないので東側を最初に取りに行きたい。

立地的に敵対しやすいクロウスラーと神聖同盟との戦闘ではとにかく緑林兵以外の召喚の使い方が鍵になる。
幽暗墨家と泰山両廠士はレベルが上がりやすいので序盤はレベル1の部隊を大量に雇用すると良いだろう。

敵対時対処法

中立を吸収していた場合、敵対すると非常に厄介。
長射程魔法、弓、砲撃、銃撃が飛んで来るため耐えられる兵科がほぼいない。その上大量の召喚に守られているためこちらの攻撃を届かせるのも一苦労となる。高難易度で舐めてかかり、ほぼ無傷で返り討ちにされたプレイヤーも多いのではないだろうか。

しかし難易度ハードまでは中立吸収時に序盤から侵攻してこない上、宿敵でなければ資金1260で親睦に応じてくれる。しかも同盟をほぼ確実に延長してくれるため緩衝地帯としてとっても便利。アルシアが戦死し難いのもうれしい。
高難易度ではとりあえず同盟しておくことをオススメする。
しかも援軍に応じてくれやすい上、勢力の特性上大量の召喚壁を展開する抜群の壁性能。さらに召喚が倒した敵は報酬にカウントされない、おまけに官僚はMPを回復してくれるし、勢力としての移動も全般的に遅めなので合流・囮として使う、どちらにせよこちらの都合に合わせやすい……アルシカちゃん皇帝はもはやハルスベどころかヴァーレン界においてトップレベルで都合のいい女である。

ただ一つの宿敵、黒火浄罪機関だけは戦うしかないが、カシエラの必殺技が非常に相性が良いので単体で戦う分には特に問題は無いだろう。よく外交をするため被共闘に注意。
その他の勢力で戦う際は、ヘリオスの凝視やウォーターピラー等の広範囲を薙ぎ払える必殺技があると楽に戦えるだろう。耐久力に劣るので後は残った敵を狩る簡単なお仕事です。そして黒火はヘリオスもウォーターピラーもない。がんば

関連勢力


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2020-05-25 20:36:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード