エフウァルテス2世


人材情報

face509.pngunit509.png

列伝

立法帝
父である制圧帝アダーテス1世を幽閉し、玉座に上り詰めたラダドゥームの若き皇帝。
西ロスジェーン帝国を滅ぼし、ラダドゥーム朝史上最大の版図を築いた。
大軍を指揮する事に長け、威圧する事で戦う前に降伏させる事を好んだ。
軍事的才能を発揮する一方で、文化人を保護し美術館を創設するなど、文化活動にも積極的であった。
学問を尊ぶ文化を持つジバ人は、地位ある人ならば当然の教養として何かしらの研究者としての側面を持っている。
エフウァルテス2世は植物の研究者としても知られ、趣味は園芸であり、例え遠征先でも自分の庭園の様子を三日おきに報告させていたと言う。
公の場においては優秀な皇帝であった彼だが、自分のヒゲが薄い事を気にしていたらしく、
人前に出る時は常に、撫でる事が出来る程の豊かな付け髭を付けていた。

戦役Ⅰ~


台詞

雇用時:「たまには誰かに従うのも悪くない!」
退却時:「なァに、損害は微小!大切なのは気の持ちよう、そうだろう?」
死亡時:「そうか……運命がそう言うなら、それもよかろう」

必殺スキル発動時

国防兵団の召集:「ジバの地を守らんとする勇士よ、存分に戦うがいい!」
東方兵団の召集:「我らの困難を粉砕する勇士よ、目の前の敵を打倒せよ!」
常勝兵団の召集:「我々の前に敵は無い!」

ボイス

待機時

前進時

互角時

優勢時

劣勢時


基本設定

性別 男性 雇用費 (本編) 12800
肩書き 立法帝 雇用費 (ランダムシナリオ) 1820
種族 人間 雇用費 (本編・ランシナ以外) 12800
クラス 権威者 維持費 -1800
上位雇用 不可 治療費 (×レベル) 100
死亡時の生存率 本編90%、他100%    

能力値

括弧内は1レベルごとの成長値(初期値に対する割合の%表記)
HP 1500(13) MP 230(6)
攻撃 90(9) 防御 65(7)
魔力 85(9) 魔抵抗 130(5)
素早さ 90 技術 50(5)
HP回復 11(3) MP回復 6(0)
移動力 160 移動タイプ 鈍足
召喚数 7 召喚レベル 75%
ノック耐性 無限 exp_mul 133
※所属クラスの一般兵より高い能力を青字、低い能力を赤字で表記

耐性

武器 砲撃 銃撃 対歩 対騎 対魔 突撃
  +2     -3 +3   +1
魔力  
+3         +2 +2  
麻痺 恐慌 幻覚 混乱 即死    
無敵 無敵 無敵   無敵 無敵    
※部隊スキルにより更に砲撃・矢・銃撃耐性+1

スキル

能力・耐性変化スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 詳細
持久戦論者lv1~3 部隊スキル 1~15~20 HP回復+10~20~30
ラダドゥームの戦術lv1~3 リーダースキル 1~15~25 移動+15%~35%~50%

戦闘スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
萎縮せよlv1 リーダースキル 1~14 魔力×50%
 ↓自然消滅時
魔力×40%
400 400 闇魔法 45 範囲 貫通 相殺レベル1
減速40% クールタイム2
毒付加50%の判定が追従
 ↓自然消滅時
毒付加80% 範囲 貫通
萎縮せよlv2 15~24 魔力×60%
 ↓自然消滅時
魔力×45%
萎縮せよlv3 25~ 魔力×70%
 ↓自然消滅時
魔力×50%
55 範囲 貫通 相殺レベル1
減速40% クールタイム1
毒付加50%の判定が追従
 ↓自然消滅時
毒付加80% 範囲 貫通
焼夷線lv1 リーダースキル 1~14 魔力×65% 80~350 350 火魔法 35 2連射 範囲 貫通
減速65% クールタイム2 近接不可
焼夷線lv2 15~24 80~375 375 3連射 範囲 貫通
減速65% クールタイム2 近接不可
焼夷線lv3 25~ 80~400 400 4連射 範囲 貫通
減速65% クールタイム2 近接不可
歩く歩兵 リーダースキル 1~   325     20 誘導 加速80% クールタイム5
部隊統制lv3 個人スキル 1~ 攻撃×150%   520 全異常治療 10  
国防兵団の召集 個人スキル 10~   100 60     必殺技
減速25%→召喚:マムート国防兵
東方兵団の召集 個人スキル 15~   600 600     必殺技
減速25%→召喚:アズィーズ東方兵
常勝兵団の召集 個人スキル 20~   750 750     必殺技
減速25%→召喚:トゥルニッダー常勝兵
独立アミール 個人スキル 15~       召喚   ランダム召喚:アミール
海の乞食党 ランダム召喚:海の乞食党
東部レコンキスタ運動 ランダム召喚:テルシオ

剣攻撃lv1~3

固有部隊スキル

壮麗たる立法帝
能力 HP+25% HP回復+100% 移動力-30%
耐性 砲撃・矢・銃撃+1
「人を集める、人を使う、人を留める、これらは全て別の才能」

アシストスキル

壮麗たる立法帝
能力 HP回復+50%
耐性 砲撃・矢+2
「人の才能とは不変ではない」

雇用範囲 (【本編】百年戦争の終わりに)

雇用範囲 (本編以外)


陪臣にすることができる人材

...


陪臣になることができる人材

本編・戦役

...


キャラ特徴

崩壊寸前だった西帝国に止めを刺し、大陸西部の勢力図を大きく塗り替えた英傑。
特に西皇帝オルジェーン11世とはライバル関係であり、本編中の戦闘前会話はかなり熱い。
決して一枚岩ではないジバを纏め上げ、コスタメディアという帝国勢力からの干渉をかわしながら大帝国を築いた。
上述から内政、外交の手腕においては全登場人物の中でも屈指、まごう事なき名君だろう。
ちなみに年齢は20代と思われ、男は壮年中年ばかりと評判の本作でもかなり若い。
顎のフサフサは付け髭である。

全般

本編、戦役Ⅰ~Ⅲ、IF硝石のエルサレム、以上においてジバ・ラダドゥーム帝国マスター。
臣下の土侯に悩まされたり、宿敵をやっと倒したのにパワーアップ版が襲ってきたり、
皇帝になったと思ったら既に詰んでいたりする苦労人。皇帝はつらい。

大軍の指揮に長けるという列伝の通り、大量の召喚スキルを持つ。
無限召喚スキル持ちの人材に比べると召喚総数は劣るものの展開速度で勝る。
さらに2種の攻撃魔法、加速スキルに異常治療スキルも完備。
部隊スキルで遠距離物理耐性を底上げし、HP回復速度が飛躍的に向上するため粘り強く戦える。
LSラダドゥームの戦術により配下の移動力を向上させるが、部隊スキルでの低下によりほぼ相殺されてしまう。
lv25未満ではむしろ素の移動力は低下するが、加速スキルを加味すれば普通のユニットよりは機動力がある。
lv25以上であれば低下分を上回るため、機敏かつタフな部隊として活躍できるだろう。

率いられる兵科は前衛後衛騎兵砲兵と多岐に渡り選択肢は多い。
しかしながら前衛兵科はMP回復に難点を持つ場合が多いため、攻撃魔法と加速スキルで消費MPが競合してしまう。
豊富なリーダースキルを全て活かしきるのは難しいため、ある程度割り切った配下選択の必要か。
迷ったら壁役として運用するだけでも優秀。

召喚必殺はそれぞれカチャヤ僧、パフレヴァーン重騎士、左神祇官を呼び出す。クラスのランクの違いでスキルレベルの違いこそでるが
基本的には召喚専用クラスではなく一般クラスが呼び出されるのでステータスの高さは折り紙つきとなる。
さらに後ろ2つのスキルは時間差こそあるが射程600、750と長く、敵陣も含め召喚位置を選べるのでうまく場所を選ぶことで普通の部隊に遜色ない戦果を出せる。

操作方法

必殺召喚スキルは召喚数を消費するが召喚数が残っていなくても使用できるので、通常の召喚を使い切ってから使用したほうがお得。
東方兵団と常勝兵団は射程のおかげである程度膠着してからのほうが有効なケースも多いのであまり慌てて使うこともないだろう。
国防兵団もどうせ肉壁になるだけなので一般召喚が終わってからのおまけでも問題ないだろう。
必殺召喚スキルで召集されるユニットはVer.upにつれ周囲の強化に置いていかれ、今では往時ほど頼りにはならない。
とはいえ一人で4、5部隊分の戦力を揃えられる事には変わらず、戦線の維持には充分過ぎるだろう。

ラダドゥームの戦術による移動上昇は自身は適用外な為にどうしても配下との歩調は乱れがち。
特に騎兵を率いて遊撃部隊として運用する場合、本人が置いてけぼりになってしまう。
また後衛を率いている場合、あるいはジバ神祇官を率いていてもアレッペを持たず射程に劣るので置物と化して全然育たないということになりやすい。
召喚ユニットの強さは召喚者のレベルに大きく左右されるのでレベルはなるべく稼いでおきたい。
さすがに集中砲火は浴びないように気を遣う必要はあるが、優秀な耐性を持つ上、ノックバック無効なので早々と落ちることは無いので
個別に操作してでも、前に立たせてなるべく経験値を取らせてやろう。
焼夷線が届く範囲ならわりと火力がでるおかげで、本体も戦力としてなかなか頼りになるので一石二鳥だ。

敵対時対処法

迂闊に歩兵で接近してマムート国防兵にボコボコにされるようなことは減ったものの、大量の召喚には気を配る必要がある。
敵領地の兵数が少ないからと少数で攻撃を仕掛けると戦力値詐欺に遭うので油断してはいけない。

個人戦闘力としての脅威度は低いため、砲撃は利きづらいものの倒す方法は色々ある。
騎兵での突撃が有効だが召集されるボディガードを始末しないと皇帝まで刃が届かないことが多い。
それよりもただでさえ強力なラダドゥーム軍に底上げされる数をどう処理するかが焦点になる。
つまりエフウァルテス2世への対処=ラダドゥーム軍への対処ということ、さすが皇帝。


旗揚げ・ランダムシナリオでのマスター時

勢力名 ジバ・ラダドゥーム帝国
リーダー可能種族 人間 不死者
リーダー可能クラス ジバ神祇官 駱駝弓兵 ジバ騎馬憲兵 カチャヤ僧 ラダドゥーム砲
本編マスター勢の例に漏れず、本編ジバ・ラダドゥーム帝国の雇用と同一。
回復兵科こそ不在だが、それ以外は本編同様バランスの取れた構成。



  • 最終更新:2019-01-01 18:38:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード