クロウスラー公国

勢力情報

Flag24.png

勢力説明

ソミェットはクロウスラー公爵位の他に六つ、
全七つの爵位を持つ大領主である。
前クロウスラー公アーカンの死後、
次々と不審死を遂げたアーカンの子に代わりその公爵位を継いだ。

しかし、公爵位継承後のソミェットは敗戦に敗戦を重ねた。
クレニアでの包囲失敗を皮切りに、対ガルベシアではベクート平原で、
更にアルシカ党の帝都侵攻を受けて帝都方面からも兵を撤退せざるを得なくなった。

渇望した世界帝国ロスジェーンの帝位、あと少し届かない手、遠い一歩。
しかし、現在その皇帝に誰より近いのも、また彼女である。

基本情報

マスター ソミェット
難易度 ■□□□□
初期資金 18200
初期領土数 1
宿敵 オルティア帝国 アルフリット王国 南方屍教団 ハサウベルニア都市同盟

初期・固有人材
名前 クラス 身分 雇用可能ターン
ソミェット 近衛ワゴンブルク マスター 初期
ハウンスラウデン クロウスラー突撃歩兵 宿将 初期
ウィンハサー 黒騎兵 一般 初期
ホノカラス ダーダ技術兵 一般 初期
フィッチシュトライ クロウスラー突撃歩兵 放浪 4~
ダーゼンブルドン クロウスラー突撃歩兵 放浪 6~
ヴァードルセン 黒騎兵 放浪 7~
アンカレット 黒公女 放浪 9~

リーダーに出来る一般クラス

face505.pngface698.pngface699.pngface697.pngface773.pngface746.pngface774.pngface745.png

解説

前クロウスラー公アーカンの代から戦い続ける北部貴族たちの勢力。
現在は帝国北部の自治都市による反乱や、傭兵たちが独立国家を立ち上げたりしたせいで本来の戦力を発揮できていない模様。
シナリオではロマ様圧巻の暴れっぷりの他、北部貴族たちの渋い駆け引きを楽しめる。

アーカン公の代の戦争における勝者だけあって、雇える兵科が皆強力。
基本性能に優れ、目立った弱点の見当たらないクロウスラー突撃歩兵黒騎兵、傭兵でお馴染み普通の砲兵ダーダ小型射石砲兵、弓兵と砲兵の合の子のようなダーダ技術兵をリーダー化できる。どれも攻撃性能は一流で、騎兵以外のほぼ全ての敵に対して有利に戦える。
その代わり槍兵、銃兵、補助兵科が全くいないため、素の状態では戦線維持能力と継戦能力に劣る。ソミェット部隊や傭兵で補おう。

人材は本人の能力が軒並み優秀で、かつ基本性能に優れる前衛二種を大幅に強化するLSを持つ。傭兵人材も幅広く雇うことができ、人材が揃っていれば勝てない相手はほぼ存在しない。

ただし周囲の勢力に目の敵にされているため、展開によっては序盤から多くの戦線を抱えることになる。まずは経済値と防衛能力に優れる帝都を取り、同盟を組まれる前に各個撃破する押せ押せ系の戦略が必要になるだろう。一応アルシカ党と蒸気は仲良くしてくれるため、侵攻ルートと相談しつつ同盟したい。

敵対時対処法

とにかくクロウスラー突撃歩兵黒騎兵の突撃が脅威。彼らの対処が遅れると突撃で自陣を崩されるばかりか、追いついた技術兵と砲兵の攻撃が加わり容易に戦線が崩壊する。開幕で突撃してきたときは全力で引き撃ちしつつ、集中攻撃で速やかに処理したい。
都市同盟を吸収していなければ戦線を維持する兵科がいないので、騎兵や突撃兵がいれば後衛の処理は容易。騎兵対策が十分なら後衛狩りに集中してもいい。

高難易度ではガルベシアと都市同盟に阻まれて拡大していないことも多いが、一度都市同盟を吸収して巨大化すると都市同盟の防衛能力のせいで滅ぼすのが容易ではなくなる。強力な必殺技を持つ人材がいるなら別だが、そうでない場合は大人しく平地にソミェットを誘い出して暗殺しよう。彼女を暗殺するだけなら対騎耐性を持つ傭兵のダーダ棍棒戦士がオススメ。

関連勢力

特に無し


  • カウンターマーチとの相性が良い --- (2019/11/26 21:08:49)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2018-11-30 00:06:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード