ゲロウメルス=ボルテン


人材情報

borten.pngunit940.png

列伝

雷電将軍
"雷電将軍"ゲロウメルス=ボルテンはロスジェーン帝国の将軍。御歳九十を越える老将。
帝国を東西に隔てる大山脈、その要衝であるラーケドの関を守備する。
魔都黒宗が不死研究の副産物として生み出した魔術武装、雷斧"サンダーボルト"を使いこなす。
年齢を感じさせない肉体の活力は雷斧の活性効果による物であり、
斧を持っている限りその肉体は雷を帯び、無尽蔵の体力で戦場を駆け回る。
更には常に体表が魔力と電気の皮膜に覆われて垢やフケで汚れる事が無く、体を洗う必要が無い。
しかし不老の肉体と風呂の代償として、ボルテンは既に斧を手放す事が出来ないし湯治にも行けない。
もちろん、ベッドに横になる事も叶わない。
ラーケドの関で暴動を起こしたアルシア・アルシカと一騎打ちを行うが、
秘剣半歩必殺によって雷斧ごと八つ裂きにされて戦死を遂げた。

台詞

雇用時:「ワシと凡百の魔女どもとでは、 同じ不死身であっても意味合いは全く異なる。」
退却時:「ゲヒヒヒヒ!! 次は今回の倍は葬ってくれるわ!」
死亡時:「ばッ、な……な……この不死身が、斬られた……?」

必殺スキル発動時

天帝の杖:「光の速さで砕けろおおおいッ!」

ボイス

待機時

前進時

互角時

優勢時

劣勢時


基本設定

性別 男性 雇用費 (本編) 1200
肩書き 雷電将軍 雇用費 (ランダムシナリオ) 680
種族 人間 雇用費 (本編・ランシナ以外) 3800
クラス 東帝国旧式歩兵 維持費 -400
上位雇用 
(ランシナ以外)
治療費 (×レベル) 50

能力値

括弧内は1レベルごとの成長値(初期値に対する割合の%表記)
HP 2150(15) MP 1753
攻撃 115(9) 防御 85(7)
魔力 858 魔抵抗 75(5)
素早さ 90 技術 50(8
HP回復 465 MP回復 2
移動力 140 移動タイプ 鈍足
召喚数 1 召喚レベル 25%
ノック耐性 無限 exp_mul 133
※所属クラスの一般兵より高い能力を青字、低い能力を赤字で表記

耐性

武器 砲撃 銃撃 対歩 対騎 対魔 突撃
+3 -1 +2 +4 +2 +2 -3 +3
魔力  
+2 +1 -2 +2 -3      
麻痺 恐慌 幻覚 混乱 即死   対神攻撃
+1 無敵 無敵   -2 無敵   致死
※部隊スキルにより更に恐慌耐性+2 風耐性-1 水耐性-1

スキル

能力・耐性変化スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 詳細
武勇lv1 リーダースキル 15~24 攻撃+10%
武勇lv2 25~34 攻撃+15%
武勇lv3 35~ 攻撃+20%

戦闘スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
絶縁破壊 リーダースキル 10~ 攻撃×0%
 ↓
攻撃×55%
700 0
 ↓
風魔法
20 誘導,クールタイム4
 ↓
範囲,誘導,相殺レベル3,麻痺付加50%
相殺属性:矢,銃撃,武器攻撃,対歩攻撃
雷斧攻撃lv1 個人スキル 1~14 攻撃×200%
 ↓
攻撃×75%
接近時 35 武器攻撃
 ↓
対騎攻撃
0 範囲,誘導,貫通,麻痺付加100%
雷斧攻撃lv2 15~24 攻撃×250%
 ↓
攻撃×75%
2連射
 ↓
範囲,誘導,貫通,麻痺付加100%
雷斧攻撃lv3 25~ 攻撃×300%
 ↓
攻撃×75%
3連射
 ↓
範囲,誘導,貫通,麻痺付加100%
天帝の杖 個人スキル 20~ 魔力×60% 285 35 対騎攻撃 0 必殺技
12連射,範囲,誘導,貫通,停止,麻痺付加100%
※その他、東帝国旧式歩兵のスキルを取得。ただし槍攻撃lv1~3,投斧lv1~3は取得しない。

固有部隊スキル

電光
能力 HP+10% 攻撃+25% 防御+15% HP回復+50%
耐性 恐慌+2 水・風-1
「小娘が……細腕でこのゲロウメルスの肉体を徹せると思うな!」

アシストスキル

電光
能力 攻撃+20% 防御-30% HP回復+25%
耐性 恐慌+2

雇用範囲 (【本編】百年戦争の終わりに)

種族 人間
クラス 東帝国旧式歩兵 ダーダ小型射石砲兵
人材  

雇用範囲 (本編以外)


陪臣にすることができる人材

...


陪臣になることができる人材

...


キャラ特徴

老齢ながら戦場を駆けまわる超人の一人。
しかしながらそれは武器に依る物が大きく、素の状態で化け物な他の老人達と比べると劣る所がある。
斧のおかげで風呂が要らない(というか入れない)らしいが、いくら汚れないからと言ってもずっと風呂に入らないのは不潔な感じを漂わせる。

貴婦人の戦いではラーケドの関を放置していると非常にかっこいい最期が見られる。
さらにアルカイックでは異様なレベルの高さで登場するが、悲しいかな、所詮は歩兵である。神聖同盟のレベリングの絶好のカモとしてお世話になるだろう。

全般

戦役放浪人材。
『※その他、東帝国旧式歩兵のスキルを取得。ただし槍攻撃lv1~3,投斧lv1~3は取得しない。』東帝国旧式歩兵のスキル、槍攻撃、投斧とカルトロップ。
彼はカルトロップ、天帝の杖、雷斧しか使用することができない。内訳、一発こっきりの必殺技三分の二と残りが近接攻撃のみ。
突撃も歩く歩兵も無く、ましてや遠距離攻撃なんて便利なスキルがあろうはずもなく、ただちょっと強いだけの固有近接攻撃だけで如何なる強大な敵にも立ち向かうことになる。
どこぞのホークガルド王のように投擲版のスキルがあれば評価は一変しただろうが、残念ながら用意してもらえなかった。
ついでに言うと耐性こそすごいが、素の機動力が厳しく引き撃ちする敵に追いつくのは難しい。
近接攻撃も連射数と追加効果は優れているが、倍率が控えめ。彼を八つ裂きにしてくれた半歩必殺剣並みとは言わずとも彼を接敵させる苦労に見合っただけの破壊力はほしかった物だ。
敵勢力に雇われているとlv15すらまともに達していないことなんてザラ。
更に攻撃、魔力共に高いからスキル付与でもしてあげればいいと思えば防御がガッツリ下がるマイナス効果付きの副官スキルである。使い辛い。
これで維持費貪り食ってたら詐欺レベル。
さらに、地味に対神攻撃で即死するので一部人材とは勝負にすらならない。指パッチン指弾1発で即真っ二つである。

とはいえ、HPを増やす個人スキルに恵まれず、水土に弱く、風にもやや弱いという魔法耐性の抜けこそあるが耐性自体は全人材でも上位レベル。
レベリングさえどうにかなれば全軍から一歩前に出しておくだけで敵の攻撃をがっちりと受け止め、相当の時間を稼いでくれる。
後衛火力に自信がある編成ならば、この肉壁力はなかなか頼りになる。

リーダーとしては攻撃力が大きく上がり、一般的な戦列槍兵の弱点である恐慌耐性を補えるためなかなか優秀。本職の旧式歩兵は耐性持ちだが…
そのためコントレータ槍兵を率いて前衛の壁として運用するとなかなか強いが、本人の戦闘参加が非常に困難になるのが最大の悩み。
また、攻撃力上昇以外はほぼ腐り、本人はニート化するが強力な後衛である長弓兵ダーダ小型射石砲兵を率いるのもあり。
また、アルシカ党系列の兵科を雇用可能なのも魅力。特にMP回復兵科が確保できた緑林兵は強力。
これのためだけに貴婦人の戦いの神聖同盟でもラーケドの関をこじ開けて雇用する戦法もあり得る。歴史的にはカオスではあるが。

誰かの配下に付けるならばバブシェク配下が一番のおススメ。
移動力が死ぬので雷斧はほぼ腐るが、輝く杖と治癒の奇跡付与のおかげでまともに戦えるようになり、
バブシェク自身の通常の東帝国旧式歩兵より高い防御力と、防御UPの部隊スキルのおかげでほぼ相殺されるので副官スキルのマイナス面も特に気にならない。
それ以外ではこちらも積極的に前に出る人材ではないカリャーリ配下に付けて、海色浸透で戦えるようにするのもあり。
ただ、こちらはHP・防御が格段に下がり、それ以上の問題点として混乱耐性が死ぬので味方に向かって天帝の杖をぶっ放す危険性が高い点に留意。
また、レベリング目的なら定番のグリンクラム侯もあり。そこまでして使う必要があるかは微妙だが。

…どうしても最前線で雷斧で戦いたいのならば、オルジェーン11世の威光で接近しやすくしたり、シュフラン提督の配下に付けて接舷攻撃で強引に間合いを詰める手もあり、
あるいはバクスロベスラーウガルといった優秀な指揮官の配下に付けるだけでもやや突撃しやすくはなるが、
いずれの場合も副官スキルの防御-30%が祟り、彼よりも強力な人材の足を引っ張ってしまうのであまりお勧めは出来ない。

操作方法

頑張って近寄って頑張って殴りましょう。出来ない?じゃあ死ぬしかないな。
一応、雷による攻撃は対騎と麻痺で騎兵に対して非常に強力です。斧の追加攻撃は攻撃依存で、魔抵抗が低い相手に効果的って事はありません。
また、前に出て天帝の杖を撃てば騎兵を一気に機能不全に出来ますし、更に前進し隣接してから撃てば絶大なダメージが見込めるでしょう。

敵対時対処法

機動力と遠距離攻撃手段の無い敵に特殊な対処法が必要だろうか?(反語)
所持する必殺技も発動距離が短いのでまともな軍勢であれば何もさせずに殺せる。

旗揚げ・ランダムシナリオでのマスター時

勢力名 ロスジェーン帝国ラーケド軍
リーダー可能種族 人間
リーダー可能クラス 東帝国旧式歩兵 コントレータ槍兵 長弓兵 緑林兵 農賊弩手
戦列槍兵2種+長弓兵+アルシカ党の雑兵2種。
アルシカ党系の2種のおかげで召喚と塹壕が追加され、マスターとしてはデイソルの上位互換だが、
中遠距離で火力が出るのは長弓兵だけという弱点は据え置き。
むしろ、本人のレベリングが絶望的になっているのが最大の弱点というのは禁句。



  • 最終更新:2020-04-19 21:18:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード