ドゥシャテー


人材情報

face671.pngunit671.png

列伝

鉄大公
前ルーリアン大公。ジャッキの実父。鉄大公。
ルーリアン大公個人に全権力を集中させる事を目的する苛烈な手法には、賛否両論こそあれ、
百年戦争初頭の混乱期を通してルーリアン大公国の大国としての礎を築いた人物である。
六年前の不凍港遠征中に病を患った事がきっかけで、独り身だった娘のジャッキが政を司るようになる。
鉄大公の異名を持つ猛将であり、高齢と病で衰えはしたがその威厳はいまだ健在で、二年前の東方遠征では自ら指揮を執った。
しかし、死病と度重なる遠征は確実に彼の命を縮めており、往年の覇気は見る影も無い。
病で鳴りを潜めたものの、元は養子二人、実子を一人殺してしまうほどの激しい気性と怪力の持ち主で、
ドゥシャテーの黒鎚旗は今も尚、ルーリアンの民に恐れられている。
今は亡きロスジェーン東帝国の先帝とは頭の天辺から足の爪先まで鏡映しの容姿を持っており、
それを中央貴族に揶揄された若き日のドゥシャテーは、ナイフで自らの顔に傷を刻み「これで見間違える事も無い」と言って野卑なからかいを退けた。
先帝はこの豪胆さを甚く気に入り、ドゥシャテーに様々な土産物を持たせて北方に帰らせたと言う。

北方三国志

台詞

雇用時:「さあ、ワシの国はどれだ?」
退却時:「恐怖など人生で何度も味わった、もう慣れたわ」
死亡時:「すまんな、我が祖国、我が人民、我が娘たちよ」

必殺スキル発動時

ぶん回し:「退け、邪魔だ」
近習ドルジーナ:「兵を貸してやる、両翼前面から展開して敵を圧殺しろ」

ボイス

待機時

前進時

互角時

優勢時

劣勢時


基本設定

性別 男性 雇用費 (本編) 7800
肩書き 鉄大公 雇用費 (ランダムシナリオ) 1360
種族 人間 雇用費 (本編・ランシナ以外) 7800
クラス インペラートル 維持費 -1800
上位雇用 
(ランシナ以外)
不可 治療費 (×レベル) 100

能力値

括弧内は1レベルごとの成長値(初期値に対する割合の%表記)
HP 1950(15) MP 165(11)
攻撃 110(9) 防御 85(7)
魔力 60(7) 魔抵抗 150(3)
素早さ 90 技術 50(5)
HP回復 14(3) MP回復 3(0)
移動力 180 移動タイプ 雪原
召喚数 1 召喚レベル 25%
ノック耐性 無限 exp_mul 133
※所属クラスの一般兵より高い能力を青字、低い能力を赤字で表記

耐性

武器 砲撃 銃撃 対歩 対騎 対魔 突撃
+3 -2 +3 +3 -3 +3   +3
魔力  
-3 +2   +2        
麻痺 恐慌 幻覚 混乱 即死    
-3 無敵 無敵   -1 無敵    
※部隊スキルにより更に突撃耐性+1 風耐性+1

スキル

能力・耐性変化スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 詳細
死病 個人スキル 1~ 魔抵抗-50%
ルーリアン黒鎚隊lv2 部隊スキル 1~19 攻撃+20%
ルーリアン黒鎚隊lv3 20~ 攻撃+35%
人望lv1 リーダースキル 1~9 HP+10%
人望lv2 10~24 HP+15%
人望lv3 25~ HP+20%
軍事教導者lv2 リーダースキル 1~ 訓練効果+2

戦闘スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
オールキュアlv3 個人スキル 1~ 魔力×100% 525 525 全異常治療 10 全体型,停止,チャージタイム1
ぶん回し リーダースキル 1~ 攻撃×150% 100 1080 武器攻撃 0 必殺技
弾く,範囲,誘導,貫通,減速25%
近習ドルジーナ 個人スキル 10~     1250   0 必殺技
ランダム召喚「カレーリア・ドルジーナ」
術者のレベル100%,3連射

剣攻撃lv1~3 模倣アルハニ銃lv1~北海式泥棒銃lv2~トゥーラ・マスケットlv3

固有部隊スキル

鉄大公
能力 HP+20% 防御+15% 移動力+10% MP回復+100%
耐性 恐慌+6 突撃+1 風+1
雪原では強い者が偉い。
素手で板金鎧を引き裂いた、とまで言われ恐れられる"鉄槌"ドゥシャテー。

アシストスキル

鉄大公
能力 HP+20% 防御+10%
耐性 突撃+1 風+1

雇用範囲 (【本編】百年戦争の終わりに)

雇用範囲 (本編以外)


陪臣にすることができる人材

...


陪臣になることができる人材

...


キャラ特徴

ジャッキの実の父にして前ルーリアン大公。本編、戦役、北方三国志にルーリアン大公国で人材として登場する。
帝国の中央から学んだ統治手法や、モズーダの姪と結婚し関係の構築など、優れた指導者だったと言える。
態度は厳格そのものでも、末娘を心配する親心が垣間見える。
ジャッキとは趣味から好む政策まで異なっているが、親子仲は親密でお互いを大事にしている。

跡を継ぐはずだった男子は彼自身が殺してしまったが、この経緯は北方三国志のルーリアンシナリオで描かれている。
経緯を知ってから本編と北方三国志の列伝を読み比べると、色々な物が読み取れるだろう。

全般

戦局を左右できる力を持つジャッキやモズーダと比べると、病の身である彼の戦闘力はそこまで高くはない。
LVが低い内は飛び道具を持っておらず、銃を使えるようになるLV10までの攻撃手段は接近攻撃のみである。

大きな強みは様々な兵科を雇用・配下にできる点にある。
特にバシキール騎兵は序盤のルーリアンにとって貴重な回復役となり、ジャッキやモズーダを鉄壁の城壁へと変える。
LSは前衛歩兵向きのものと後衛術師向きのMP回復+100%が混在しているため、彼が率いられるクラスで全てを活かす事は難しい。
本編では割り切った部隊編成が必要になるだろう。

操作方法

単純に黒槌隊による攻撃補正を活かすなら、ルーリアン銃士かジュンガル重竜騎兵を率いれば良い。
バシキール騎兵ならば回復役以外に、ぶん回しを使った攻撃も行える。
他にも多くの兵科を率いられるが、特に有用なのはこれらが考えられる。

近習ドルジーナの1250は発動射程であり、遠距離に出るわけではなく通常の召喚と同じように出現する。
死病により魔抵抗は大きく下がっているが、HPが高いため耐久面にあまり心配はない。
高齢と病を患っていても、過去の強さを十分感じさせるステータスと言えるだろう。

敵対時対処法

最初はルーリアン銃士を率いているが、撃破されるとランダムで兵を雇う。
確率は低いが、バシキール騎兵を率いてジャッキやモズーダと同時に出撃されると厄介な事になる。
オールキュアを持っており耐久力も高いが、破壊的な必殺技は持っていないのでその点は安心できる。
接近するとぶん回しにより反撃を受けるので、砲撃や魔法で倒すのが基本。


旗揚げ・ランダムシナリオでのマスター時

本編のルーリアンからヴァルキリー2兵科を抜いて、本編での一般雇用外の北方系ユニットの大半+近習魔術衆を追加した種類豊富な編成。
前衛がルーリアン銃士orマフムード突撃歩兵とやや手薄な点が気になるが、
回復兵科はバシキール騎兵がいる上、ラビットスロアーや近習魔術衆等でフォロー出来るのでそこまで大きな弱点にはなっていない。

余談として、一般だけでルーリアン魔導曲射砲が最大の性能を発揮できる稀有な勢力だったりする。是非とも近習魔術衆と一緒に運用してみよう。


  • 最終更新:2019-01-01 21:37:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード