ハゲタカ騎兵


クラス情報

zGuestunit001.png zGuestunit002.png zGuestunit003.png

クラス説明

...

能力値

括弧内は1レベルごとの成長値(初期値に対する割合の%表記)
HP 1650(13) MP 110(3)
攻撃 115(9) 防御 55(5)
魔力 70(3) 魔抵抗 110(5)
素早さ 90 技術 50(5)
HP回復 19(3) MP回復 1()
移動力 380 移動タイプ 騎兵
召喚数 1 召喚レベル  
ノック耐性   exp_mul 138

耐性

毒・恐慌・即死に無敵(+5)
砲撃に凄く強い(+4)
矢・対歩攻撃に強い(+3)
騎兵突撃・魔力攻撃・火魔法・混乱に少し強い(+2)
麻痺に微強(+1)
銃撃に微弱(-2)
対騎攻撃・土魔法に弱い(-3)

武器 砲撃 銃撃 対歩 対騎 対魔 突撃
  +4 +3 -2 +3 -3   +2
魔力  
+2 +2     -3      
麻痺 恐慌 幻覚 混乱 即死    
無敵 +1 無敵   +2 無敵    

クラスチェンジによる変化

レベル クラス名 雇用費 MP回復 移動力 移動タイプ 召喚数 召喚レベル 耐性
1 ハゲタカ騎兵 350            
15 古参不死騎兵 750            
25 大公近衛騎兵 2690            
35 コラッツィエーレ 5980            

スキル

スキル名 使用可能Lv 攻撃力 発動 射程 消費MP 属性 備考
騎馬突撃lv1 1~14 攻撃×300%→攻撃×100% 接近時 0   騎兵突撃
 ↓
騎兵突撃
必要助走128dot
【3連射】【弾く】【ノックパワー:30】
【付加:恐慌】【付加100%】
 ↓
【範囲】【貫通】
騎馬突撃lv2 15~24 攻撃×400%→攻撃×100%
騎馬突撃lv3 25~ 攻撃×500%→攻撃×100% 必要助走128dot
【4連射】【弾く】【ノックパワー:30】
【付加:恐慌】【付加100%】
 ↓
【範囲】【貫通】
騎馬槍術lv1 1~14 攻撃×120%→攻撃×60% 接近時 0   武器攻撃
 ↓
騎兵突撃
【弾く】【ノックパワー:10】
 ↓
【貫通】
騎馬槍術lv2 15~24 攻撃×135%→攻撃×60%
騎馬槍術lv3 25~ 攻撃×150%→攻撃×60%
ラリアットランスlv1 1~14 攻撃×100% 16~115 115   騎兵突撃 【近接不可】【前進型】
【範囲】【貫通】
【減速30%】【クールタイム1】
ラリアットランスlv2 15~24 攻撃×115%
ラリアットランスlv3 25~ 攻撃×130%
自己再生lv1 1~14 攻撃×100%    0 25 HP回復 【減速30%】【クールタイム1】
自己再生lv2 15~24 攻撃×115% 【減速30%】
自己再生lv3 25~ 攻撃×130%
"鞭を入れる" 1~ 攻撃×0% 385 385 18 対歩攻撃 【加速50%】【クールタイム6】
【恐慌】【付加100%】
ホロウチャージャー 1~ 攻撃×200% 0 0 15 麻痺治療 【クールタイム2】

所属する人材

雇用できる人材

...


解説

エトルリアの重騎兵。意外と雇える人材が多い。
ロマ様の編成する騎兵だけあって攻撃力が高いが、防御力に不安を抱える狂戦士的なユニット。
不死者の如く毒や即死に無敵で、その他の状態異常に対しても弱点が存在しない。というか解説にも不死騎兵と書かれているし多分結構な割合で不死者混ざってる。
ホロウチャージャーは「軍馬の肉体を再構築する」スキルなので、上の人間はともかく馬は不死者もとい不死馬なのだろう・・・多分。

状態異常のみならず他の属性に対する耐性も高い。弱点は騎兵特有の物のみで、逆に騎兵が得意とする砲や矢には圧倒的な耐性を持つ。
そして上司のロマ様は魔法に弱いがこちらは黒火兵種と同様に魔抵抗が非常に高く、魔法にもかなりの耐性を持っている。
「追撃戦に強い」と言われているとおり、一般的な重騎兵より大きく機動力に勝る。高速重騎兵のストラディオットですら上回る。
また、大きな特徴として、自己再生を使用可能。減速はするが"鞭を入れる"で十分カバーできる。突撃中に騎兵の攻撃力で自己再生できるメリットの方が強いだろう。
ちなみに、使用する麻痺回復技が不死騎兵と同じホロウチャージャー。軍騎獣への拍車から麻痺回復力を二倍にし減速を減らした代わりにコスト三倍、不死騎兵のスキルである。なお、MP回復は1なので両方そう連発出来ないことに注意。
騎兵が得意とする相手を徹底的に叩き潰すことを突きつめたような形で、騎兵の弱点に対抗する騎兵である相方、ハルシュタット不死騎兵とは反対。エトルリアにおいては双方の使い分けが重要となる。





  • 最終更新:2018-10-10 19:46:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード