ファーロ・マリーラント


人材情報

face751.pngunit751.png

列伝

獲物を狩る兎
青の森が生んだ擬装と狙撃の巧手。純粋な飛び道具の名手に対する称号"山猫"に対して、
擬装と狙撃、レンジャー技術の天才を指す"兎"と呼ばれた最初の人物。
これは彼女の率いる森林警備隊の名、"仔兎部隊"に由来する。
基本的には故郷に対し善良な人物で既存秩序の支持者。
レイタール伯が魔女に追われればこれを匿い、魔女が優勢となれば魔都側でアルフリットの宮廷と交渉した。
魔女による誘拐未遂事件に巻き込また際には魔都で拘留を受けたが、
魔都では怪我を負っていたにも関わらず劣悪な環境下で放置された為に死亡した。

台詞

雇用時:「いやっほー、 戦場じゃ見つかるので喋れないんですよね。」
退却時:「あらま……。 じゃ、にっげまっすよー!」
死亡時:「……あ、ああ……、 私も、死ねば私も土に、 それが私の、最後の迷彩……!」

必殺スキル発動時

矢衾:「兎の一蹴りは狐だって殺します。 全力で殺しますって事ですっ!」

ボイス

待機時

前進時

互角時

優勢時

劣勢時


基本設定

性別 女性 雇用費 (本編) 0
肩書き 獲物を狩る兎 雇用費 (ランダムシナリオ) 420
種族 人間 雇用費 (本編・ランシナ以外) 1200
クラス 森林警邏兵 維持費  
上位雇用 
(ランシナ以外)
治療費 (×レベル) 100

能力値

括弧内は1レベルごとの成長値(初期値に対する割合の%表記)
HP 950(5) MP 40(3)
攻撃 110(9) 防御 20(5)
魔力 70(3) 魔抵抗 145(7)
素早さ 90 技術 50(8)
HP回復 2(3) MP回復 2
移動力 240 移動タイプ 森林
召喚数 1 召喚レベル 25%
ノック耐性   exp_mul 133
※所属クラスの一般兵より高い能力を青字、低い能力を赤字で表記

耐性

武器 砲撃 銃撃 対歩 対騎 対魔 突撃
  -3 +3 +1 -3     -3
魔力  
    +2 -3 +2      
麻痺 恐慌 幻覚 混乱 即死    
  無敵 -1 +1 -1 +3    
※部隊スキルにより更に幻覚耐性+1

スキル

能力・耐性変化スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 詳細
武勇lv1 リーダースキル 1~14 攻撃+10%
武勇lv2 15~24 攻撃+15%
武勇lv3 25~ 攻撃+20%
軍事教導者lv2 リーダースキル 1~ 訓練効果+2

戦闘スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
森林迷彩 リーダースキル 1~   550 120     相殺レベル4,停止,クールタイム3
相殺属性:矢・銃撃・武器攻撃
 ↓
相殺レベル4,範囲,貫通
相殺属性:矢・銃撃・武器攻撃
矢衾 リーダースキル 1~ 攻撃×200% 64~500 500 対歩攻撃 0 必殺技
4連射,減速60%,チャージタイム1,
クールタイム8,恐慌付加100%
カルトロップ リーダースキル 1~ 攻撃×0%
 ↓
攻撃×100%
 ↓
攻撃×75%
215 160 対騎攻撃
 ↓
対騎攻撃
 ↓
対騎攻撃
  必殺技
3連射,減速70%
 ↓
貫通
 ↓
引寄,ノックパワー5,付加:麻痺付加100%
※その他、森林警邏兵のスキルを取得。

固有部隊スキル

仔兎部隊
能力 技術+50% HP回復+75%
耐性 幻覚+1
かくれんぼで遊べば不敗の魔術師にして常勝の天才。

アシストスキル

仔兎部隊
能力 MP・魔力・魔抵抗+10% 速度+15%
耐性 恐慌+1 風+1
かくれんぼで遊べば不敗の魔術師にして常勝の天才。

雇用範囲 (【本編】百年戦争の終わりに)

種族 人間
クラス 森林警邏兵
人材  

雇用範囲 (本編以外)


陪臣にすることができる人材

...


陪臣になることができる人材

...


キャラ特徴

魔女伯には珍しい一般人枠。
仕事中は沈黙を守るが、山猫と違って普段はお話好きな子兎。
昔の列伝ではペトカに絡まれて発狂していたかわいそうな子だった。
今の列伝でもかなり可哀想な最期であり、何とも言えない悲哀を感じる。

全般

本編では魔女伯用と言える放浪人材。アルフリットでも拾える。
戦役ⅠとⅡではアルフリット王国に所属し、戦役Ⅲでは登場しないため列伝通り死亡したものと思われる。

騎兵並みの初期攻撃力、魔法兵以上の魔抵抗と森林においては騎兵以上の機動力を発揮できる移動力を持つ。
しかし、移動力が災いし突出、弓の減速効果で鈍足になった所を捻り潰されることが多い。得意とする森林では足の速く無いユニットに対しほぼ一方的に攻撃できる。
LSは純粋に弓兵としての性能を高めてくれるもので使いやすい。
更新で森林迷彩を付与するようになったが、イメージに合う森林警邏兵やアヴデシュ森林兵は自前で使えるので腐ってしまうというジレンマを抱える。

本編以外では雇える兵科が増える。
攻撃力・麻痺性能が激増する銃兵はもちろん、アヴデシュ森林兵も吹き矢の性能が上がるため有効。弓兵が間に合っているなら検討しよう。
また、付与スキルの数々でマルセイエーズがやたら有能な壁役に進化する。ただし最前線運用になるため本人は死ぬ。

操作方法

弓兵として。
所属兵科の関係上、その優れた機動力はあまり活かされない。どうしても放っておけないのなら、スフェイス卿の部下にしよう。
機動力を活かして先行、優れた技術からのパリ・デ・パスカルで迫る騎兵を麻痺させ帰還、なんてこともスタイリッシュな事が出来る。リーダーにした方が強いのは言うまでも無い。
矢衾は出し惜しみしても仕方が無いので歩兵が迫ってきたらさっさと射かけてやろう。
副官スキルは、極めて希少な素早さを変動させるもの。加えて何故か魔法関連の能力を向上させる。結構優秀な方だが、やはりリーダーにした方が強い。

敵対時対処法

矢衾を使うので、歩兵で接近するとちょっと痛い目見る。
森林の彼女に追い付けるユニットは少なく、森の減速効果を受けていれば騎兵相手ですら逃げ切る。強弓での引き撃ちでも食らうとつまらない被害が出かねない。
森林迷彩で足を止めるので轢くのは容易くなったが、騎兵だとカルトロップが地味に厄介。
痛手を負わされる相手ではないが場合によってストレス要員に成りうる。対処法は足の速いユニットを用意して殴りに行くか、弓以上の射程の攻撃を用意するしかない。

旗揚げ・ランダムシナリオでのマスター時

勢力名 森林警備隊
リーダー可能種族 人間
リーダー可能クラス 森林警邏兵 アルフリット銃士 マルセイエーズ
弓兵・銃兵・戦列槍兵のみ一般雇用可能。
前衛のマルセイエーズの欠点である物理攻撃に対する脆弱さを森林警邏兵で補えるので、一般雇用できる兵科が少ない人材の中では割とバランスがいい構成。


  • 最終更新:2019-01-01 21:58:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード