フロラント・リンギ


人材情報

face722.pngunit722.png

列伝

赤宗の大魔道
"氾濫"フロラント・リンギ。
魔都の戦いが終わった後、その戦場には次々と死体を溶かしていく灼熱そのものを見る事が出来る。
"死体食い"とも呼ばれる魔都赤宗が保持する切り札。赤宗最強の兵器であり、魔都学閥闘争における赤宗の生ける抑止力。魔都の史上でも唯一、二つ大魔道の号を持つ人物である。
元となったのは赤宗の大魔道、"地引"フロラント・リンギ。
大魔道として"黒祖"ユア=セイラムや"大老"サノアに実力と学績の劣る事を屈辱と考えていた彼女は、
人間である事すら辞め、兵器となってでも力を手に入れて永遠の尊敬と畏怖を得ようとした。
寿命や病死、怪我などで次々と自分に対抗し得る大魔道が行動不能になり、
ついに魔都最強の大魔道として君臨、力に対する畏敬を背景に魔都の運営権を独占している。
しかし、頂点に立つと同時に、彼女の向上心の源となっていた情熱は自身の地位の保守に向けられるようになった。
今のフロラント・リンギは学問への関心を失い、ひたすらに他人、他宗を蹴落とす事だけを考え続ける学閥闘争の歪な権化と化した。
己の地位に異様な執着心を燃やし続ける彼女は、傲慢の限りを尽くしてまだ飽き足らず、
その人格には内外問わず悪評、酷評は山ほどあれど称賛は存在しない。

台詞

雇用時:「私の功績は私のものですよ……。 私の軌跡を知る者も、"最上席"を脅かす者も…… 全て消さねばなりません。」
退却時:「……ッ! 不覚、です……ねぇ……」
死亡時:「限りあるあなた方と違って、 私は幾らでもやり直せますから……!」

必殺スキル発動時

禁法:焦熱弾頭:「我は灼熱の主、劫火の持ち手なり! 大自在の天魔となりて、己が欲望のみを満たしたり!」

ボイス

待機時

前進時

互角時

優勢時

劣勢時


基本設定

性別 女性 雇用費 (本編) 0
肩書き 赤宗の大魔道 雇用費 (ランダムシナリオ) 1720
種族 人間 雇用費 (本編・ランシナ以外) 12800
クラス 赤宗魔女 維持費 600
上位雇用 
(ランシナ以外)
治療費 (×レベル) 200

能力値

括弧内は1レベルごとの成長値(初期値に対する割合の%表記)
HP 650(3) MP 500(7)
攻撃 170(3) 防御 10(1)
魔力 140(9) 魔抵抗 150(5)
素早さ 90 技術 50(5)
HP回復 2(3) MP回復 50(5)
移動力 120 移動タイプ 草原
召喚数 2 召喚レベル 25%
ノック耐性   exp_mul 133
※所属クラスの一般兵より高い能力を青字、低い能力を赤字で表記

耐性

武器 砲撃 銃撃 対歩 対騎 対魔 突撃
+4 -3 +3 -2 -1   -4 -3
魔力  
+3 無敵 +2 +2 +2 +2 +2  
麻痺 恐慌 幻覚 混乱 即死    
  無敵 -1 無敵 無敵 無敵    
※部隊スキルにより更に火耐性+1 水耐性+1

スキル

能力・耐性変化スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 詳細
魔都戦術lv3 部隊スキル 1~ 魔力+30%
"最上席" 個人スキル 1~ 魔力+65%
手加減 個人スキル 1~ 攻撃-25%
不溶の板金鎧 個人スキル 1~ 防御+50
電撃戦lv1 部隊スキル 1~19 移動力+10%
電撃戦lv2 20~29 移動力+15%
電撃戦lv3 30~ 移動力+20%

戦闘スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
燃え盛る硫黄 個人スキル 1~ Nothing×0%%
 ↓
魔力×160
 ↓
魔力×120
550 550 火魔法 250 誘導, 減速90%, クールタイム8
 ↓
範囲
 ↓
範囲, 貫通
メルティング・ハグ 個人スキル 1~ 攻撃×300%
 ↓
攻撃×100%
接近時 0

275
対魔攻撃
 ↓
火魔法
0
 ↓
範囲,貫通
火法:大紅炎lv1 個人スキル 1~14 魔力×100%
 ↓
魔力×85%
350 350

0
魔力攻撃
 ↓
火魔法
75 3連射,相殺レベル1,減速70%
クールタイム1
 ↓
範囲,貫通
火法:大紅炎lv2 15~24 365 365

0
4連射,相殺レベル1,減速70%
クールタイム1
 ↓
範囲,貫通
火法:大紅炎lv3 25~ 485 485

0
6連射,相殺レベル1,減速70%
クールタイム1
 ↓
範囲,貫通
エーテルフレイム 個人スキル 20~ 攻撃×0%
 ↓
攻撃×0
600 250
 ↓
90
火魔法 65 2連射, 減速50%, クールタイム4
 ↓
範囲, 貫通, 相殺レベル1,
相殺属性:矢・砲撃・火・魔力・銃撃・対歩・対騎
禁法:焦熱弾頭 個人スキル 25~ 魔力×25or35or40or45%

魔力×15%
730 730

36or108or162or72

0
火魔法
 ↓
火魔法
0 必殺技
24連射,誘導,停止
 ↓
範囲,貫通
 ↓
範囲,貫通
※その他、赤宗魔女のスキルを取得。ただし魔導火線lv1~3は取得しない。

固有部隊スキル

大学閥
能力 防御+15% 移動力+10% MP回復+10%
耐性 火・水+1
生命を秘匿する炎の使い手、"知られざる最上席"に座す者。

アシストスキル

大学閥
能力 魔力+10% MP回復+50%
耐性 火・水+1
生命を秘匿する炎の使い手、"知られざる最上席"に座す者。

雇用範囲 (【本編】百年戦争の終わりに)

雇用範囲 (本編以外)


陪臣にすることができる人材

...


陪臣になることができる人材

...


キャラ特徴

ここ二百年間で最も優れた大魔道、魔都四大家の一員。
傲慢アンド傲慢。周りの魔女を下に見ていて嫌味で利己的。
他の四大家が様々な理由で行動不能になる中で人間を辞めているため未だに全盛期。
そのため魔女たちの中でトップで半ば独裁状態。
ただ自分より優れた者が行動不能になって繰り上げ式に一番上に上がったことにコンプレックスを感じている。
周囲の人間を過剰に見下す傲慢さはその裏返しという部分が大きい。
人間だった頃は真面目でマメだったらしく、今でも人の論文はお花の観察日記みたいな出来でもボロクソに言いはするが精読しているらしい。

全般

放浪人材ではあるがほとんど魔女伯専用人材。活躍するシナリオは魔女伯とダーダ。
元々高い魔力を魔都戦術+最上席で更にブースト。おぞましい魔力で高倍率の火魔法を撃つ。
必殺も専用魔法も、他のどの大魔道も単体では及びもつかない殲滅力と威力を有する。もっと自分に自信を持ってよい。

しかし火魔法の宿命として射程は長くない。そして魔女の宿命として柔らかい。
剣も斧も槍も通用しないと豪語する通り高い武器攻撃耐性と矢耐性を持つが、HPは後衛のままなのでサクッと殺られる。
防御を固定値で50上げているため最初は硬めだが、レベルで伸びないため100程度が限界なので結局紙装甲。
更新で多くの物理攻撃を相殺するエーテルフレイムを得て前に出しやすくなった。

大紅炎は魔力属性+火属性となった魔導火線を放射状にバラ撒く技。メインウェポンでもあり、レベル25で使い勝手が飛躍的に改善される。
燃え盛る硫黄は隕石を一発落とす技。よほど固くないと軽く消し飛ぶ。膨大なMPを消費するが異次元なMP回復ですぐ補充される。されど再使用までのインターバルの関係で連射はできない。
焦熱弾頭は大量の隕石を指定地点に落下させる燃え盛る硫黄の強化版。周囲の敵は一気に蒸発する。魔法に強くなければボスですら致命傷を負いかねない。

操作方法

大魔法使いのセオリー通り、クールタイムの合間を見つつ、なるべく奥の敵群を狙って硫黄を狙い撃つのが良い。
さらに固有魔法の大紅炎は射程こそ短いが、騎兵以外の前衛にめっぽう強い魔力属性と優秀な範囲倍率を持っており、
軌道の関係で複数ヒットこそしないが近づいてきた敵をガンガン焼いてくれる。
この2種の魔法でゲーム内屈指の火力を誇る凶悪なユニットとなっている。
さらに相殺用の通常スキルとしてエーテルフレイムも持っており、自分はもちろん味方も守ってくれる。

エーテルフレイム・大紅炎・硫黄とすべてをうまく活かすことを考えると死なない範囲で、できる限り前に出ておきたい。
このへんはもともと本職である赤宗魔女もリスク覚悟で前に出てこそ生きるクラスなので最上位であってもらしさは残ってるといったところか
なお、焼夷線が大紅炎に優先してしまって邪魔になりやすい問題が一般の赤宗より重くなっているので、焼夷線の禁止はしっかり意識しておきたい。

焦熱弾頭は指定範囲付近を吹き飛ばすと、非常にわかりやすい性能。射程もとても長く狙ったところは一気に吹き飛ばせる。
戦線が膠着してきて敵群がかたまってきたら容赦なく吹き飛ばしてやろう。
特に敵が勝手にかたまっている攻城戦では非常に強い…というかバランス崩壊レベルなので、城攻めではそのことを考慮して編成を決めるとよい。
ここまで凶悪な所持スキルのオンパレードとなっているが、残念なことにメルティング・ハグはビスクマスケッターやオフィシャルサービスの剣並みに使いどころがない。

個人スキルは凄まじいが部下の強化としてはスキル付与がなく、魔都戦術+α程度止まりでやや地味。
魔女から配下を選ぶなら単純に遠距離を狙っていける緑でも良いが、本人を前に出していくことを考えると同じ立ち位置にいてほしい赤も良い。
同じく沼地化のために距離を詰めたい紫も水魔法と両立ですきがない…とまぁ好み次第でどうぞといった感じ。
配給先を確保できるならジバ陵墓守衛もそこそこ面白いといえば面白い。ブロブ兵は部隊スキルの相性は案外悪くはないがさすがに一般でいいだろう。

本人の部隊スキルで魔力は上がらず、魔都戦術は同僚が普通に持っている。そして最上席は個人スキル。
そのため部隊スキルに魔力上昇効果があるカーム・シシリィメア・ベルタの陪臣にすると本人が部隊長のときより魔力が上がる。
性格の割にどこぞのヴァルキリーどこぞの汚れた黄色のように命令聞きたくないからって部隊長の能力を下げたりしないので安心して陪臣にできる。
前に出しやすくするなら耐久力・魔力共に大きく上がるメア・ベルタ。
安定性を求めるなら長射程の風魔法を付与してくれるカーム女史の陪臣にするといい。

敵対時対処法

まともにぶつかると前衛が溶ける。召喚に攻撃を受けさせ騎兵なり砲なりで始末しよう。
また、焦熱弾頭はまともに喰らうと軍が半壊する。絶対に釣って直撃を避けること。

旗揚げ・ランダムシナリオでのマスター時

勢力名 リンギ・デム・ウィッサ
リーダー可能種族 人間 不死者
リーダー可能クラス 赤宗魔女 紫宗魔女 ブロブ兵 火炎書記 ジバ陵墓守衛
本人の雇用可能兵科から緑宗魔女が抜けた形。対騎兵要員が間接・近接ともに揃っており、騎兵との戦闘において不安要素は無いだろう。
このメンバーの中では最長射程の攻撃を持ち、唯一回復もこなせる火炎書記が要となる。
魔法に硬い勢力への決定打となる攻撃手段を欠いているため、そこは他の人材部隊などで補いたい。


  • 最終更新:2019-01-01 22:04:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード