ベルマン


人材情報

face694.pngunit694.png

列伝

南部貴族
ロスジェーン帝国はベリヤ半島南部の下級貴族。征伐騎士。
政争に敗れた貴族たちが寄り集まった神聖同盟の将兵には必要以上に好戦的な人物が多く、
軍議を開くと内輪揉めを始めるような有様だった神聖同盟の指揮官を代表するような人物。
物心付くと征伐騎士としての訓練を受ける下級貴族出身者らしい、非常に血の気の多い性格で、
腕っ節は強いが自分を曲げる事を知らず、その最期も敵との戦いではなく、身内との決闘の結果だった。

台詞

雇用時:「私は三十人斬りのベルマン。 顔の傷は妻にやられたものだ。」
退却時:「物事の最後まで付き合うのは、妻だけと決めているんでな」
死亡時:「な、なんだとォ……い、いッ、痛ェ……」

ボイス

待機時

前進時

互角時

優勢時

劣勢時


基本設定

性別 男性 雇用費 (本編) 1200
肩書き 南部貴族 雇用費 (ランダムシナリオ) 420
種族 人間 雇用費 (本編・ランシナ以外) 1200
クラス 征伐騎士 維持費  
上位雇用 
(ランシナ以外)
治療費 (×レベル) 100

能力値

括弧内は1レベルごとの成長値(初期値に対する割合の%表記)
HP 1750(13) MP 100(5)
攻撃 115(9) 防御 70(7)
魔力 80(7) 魔抵抗 75(5)
素早さ 90 技術 50(3)
HP回復 19(3) MP回復 2(0)
移動力 180 移動タイプ 鈍足
召喚数 1 召喚レベル 25%
ノック耐性 無限 exp_mul 128
※所属クラスの一般兵より高い能力を青字、低い能力を赤字で表記

耐性

武器 砲撃 銃撃 対歩 対騎 対魔 突撃
+1 -2 +1 +1 -3 +3 +3 +1
魔力  
+1         +2 +3  
麻痺 恐慌 幻覚 混乱 即死    
+1 無敵 +3 +1 +1 +2    
※部隊スキルにより更に恐慌耐性+1 混乱耐性-1 矢耐性+1

スキル

能力・耐性変化スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 詳細
武力lv2 個人スキル 1~ HP+35%
武勇lv1 リーダースキル 15~19 攻撃+10%
武勇lv2 20~34 攻撃+15%
武勇lv3 35~ 攻撃+20%
指揮lv1 リーダースキル 25~29 HP+10%
指揮lv2 30~ HP+15%
軍事教導者lv1 リーダースキル 1~ 訓練効果+1

戦闘スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
歩く歩兵 リーダースキル 1~   325     20 誘導,加速80%,クールタイム5
※その他、征伐騎士のスキルを取得。

固有部隊スキル

猛者を自負する寄せ集め
能力 HP・攻撃+15% 移動力+10% HP回復+50%
耐性 恐慌+1 混乱-1 矢+1
ロスジェーンが世界帝国たる為の軍事力。
その根幹を成す彼ら貴族は、軍事訓練に生涯を費やし、高価な武具を自費で揃えて参陣する。

アシストスキル

猛者を自負する寄せ集め
能力 HP・攻撃+5%
耐性 恐慌+1 矢+1
ロスジェーンが世界帝国たる為の軍事力。
その根幹を成す彼ら貴族は、軍事訓練に生涯を費やし、高価な武具を自費で揃えて参陣する。

雇用範囲 (【本編】百年戦争の終わりに)

種族 人間
クラス 征伐騎士 従軍僧 ロッコバー槍兵
人材  

雇用範囲 (本編以外)

種族 人間
クラス 征伐騎士 従軍僧 ロッコバー槍兵
人材  

陪臣にすることができる人材

...


陪臣になることができる人材

...


キャラ特徴

一部で人気を博すベルマン閣下。カッカしやすい。
血の気の多い征伐騎士。神聖同盟のイベントではの汚職に怒る征伐騎士達の気持ちをプレイヤーに伝えてくれる。
戦闘では粗暴で粗野で野心家っぽい様子が見受けられるが聖下にしっかりと忠誠を誓ってたり貴族らしい行動もしてたりする。
なお【IF】貴婦人の戦いでは鳳公武顕卿ともどもクロウスラーに亡命する

既婚者の少なくない本作ではあるが、配偶者の人柄まで垣間見える彼は何気に希少。
跡が残るほどの傷を顔に付けられる辺り、嫁の気性も本人に負けず劣らずのようだが、
撤退時のセリフを見る限りは一途ないい夫? のようである。

全般

神聖同盟所属。
前衛としては脆すぎる征伐騎士の耐久面を改善し、神聖同盟において欠けている壁としての役割を部隊単位で果たせる。
また、攻撃力、移動力の増強と歩く歩兵の付与により突撃兵としての性質も付与。耐性もそれらしく変動させる。
同僚の征伐騎士にすごいのが多いため目立ちにくいものの、彼自身もステータスは尋常ならざるものがある。攻撃系スキルは優遇されていないが。
昔は列伝の腕っぷしが強いという表記とは裏腹に一般より攻撃力が低かったが、更新に伴い一般を上回る攻撃力を手に入れた。
しかもexp_mulが低く、レベルがあがりやすいので、特に序盤で顕著だが全体的に高いステータスを持つことになるのも地味に嬉しい。

操作方法

征伐騎士として使うのはもったいない。突撃兵として使おう。
機動力に欠け、騎兵も軟弱な神聖同盟ではエースとなれる。特に禍津巫女連の傾城をぶん殴るのにとても適している。
彼がいるかいないかで対巫女連の難易度は大きく変わるだろう。

ロッコバーも有用。まず、単純に塹壕を使える槍兵のHPを増やすというのが使い勝手が良い。
しかも、地味に征伐騎士より高い移動力を持っており、槍衾での減速を歩く歩兵で打ち消せるので引き撃ち適正がとても高く扱いやすい。
また、敵後衛・中衛を引きずり出すために加速してから鯨銛を使うという動きも射程が短めの神聖同盟に噛み合っている。
槍兵共通のレベルがあげにくい問題も単純に攻撃に参加しやすいおかげでわりとどうにかなる上に、グリンクラム侯に一人育てておいてもらうと言った手段でも解決できる。

基本的に神聖同盟の手厚いサポートを受けることになるため気になりにくいが、元々優れているわけでない征伐騎士の混乱耐性を更に下げる。
ベルマン自身は部隊統制も持たず、対抗は不可能。
聖剣の広範囲攻撃を自陣中より繰り出されては甚大な被害は免れないし、単部隊での突撃中でも命令を効かなくなるのは致命的である。
ランダムシナリオなどでは留意すべき点となるだろう。
そもそも神聖同盟以外で扱う場合は従軍僧が貴重なので、リーダーとしての適正を無視して従軍僧を扱わせてしまったほうが有効なケースが多いのだが…

自分自身にかける補正があまり高くない割に強力な上司が多いので、陪臣になった際のステータス上昇幅はかなり大きい。
征伐騎士の耐性はかなり物足りないところはあるが、移動力180の歩く歩兵持ちは純粋に動かしやすいので陪臣として頑張ってもらうという手もある。
さすがに無双ということはないが、操作次第ではなかなかいい働きをしてくれる。

敵対時対処法

高速で突っ込んでくる征伐騎士。魔法はあまり有効ではないので物理で攻めるのをお勧めしよう。
彼に前衛を擦り減らされるようでは神聖同盟相手はきつい。

旗揚げ・ランダムシナリオでのマスター時

勢力名 ベルマン聖領
リーダー可能種族 人間
リーダー可能クラス 征伐騎士 従軍僧
征伐騎士と従軍僧しか一般雇用できない。
征伐騎士は耐久力が物足りなかったり、従軍僧は射程が物足りないなど欠点が多い編成だが、騎兵に対して対抗する手段が殆ど無いのが最大の弱点。



  • 最終更新:2020-04-19 17:18:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード