ヨランド


人材情報

yolande.pngzGuest017.png

列伝

紫宗の"猿の手"
紫宗魔女。魔都紫宗在籍時から学業の傍ら奴隷売買やエーテル麻薬の生成と密売、暗殺教団の教祖などを副業としていたが、
手違いからロスジェーン帝国貴族を誘拐した為に大陸東部にて賞金首として手配、面倒事を嫌った紫宗により魔都を追放される。
百五十年近く人材不在を叫ばれる紫宗の、学業だけでは首が回らなくなった負の側面を一人で代表する人物。
その後、魔都で対ダーダの戦況が悪化した為、黒宗ギロベッツ師の恩赦によって魔都に戻る事となる。
しかし、ダーダ人による魔都陥落時、彼女は居るべき場所に居なかった。
黒宗のペトカ・ベルグレイヴに全てを押し付け、誰よりも早くに逃げていた。
一端の責任者である彼女の不在は、現場を大きく混乱させ、結果としてヨランドは魔都陥落の大きな原因の一人となった。
そして今、彼女は何食わぬ顔でメア・ベルタに擦り寄っている。
誰が何を言おうが知った事か、最後まで生き残った者が全てを得るのだ!

台詞

雇用時:「願い、お前の願いを言ってみろ。もしやすると、叶うかもしれんぞ。」
退却時:「……さ、さよならだっ!」
死亡時:「げっ……げほっ、も、もう一度……もう一度だ…… 何度でもやり直すぞ、私は……!」

必殺スキル発動時

ジャクマリャ:「傷付けた者に、血の報復を」

ボイス

待機時

前進時

互角時

優勢時

劣勢時


基本設定

性別 女性 雇用費 (本編) 0
肩書き 紫宗の"猿の手 雇用費 (ランダムシナリオ) 180
種族 人間 雇用費 (本編・ランシナ以外) 1600
クラス 紫宗魔女 維持費 -200
上位雇用 
(ランシナ以外)
治療費 (×レベル) 100

能力値

括弧内は1レベルごとの成長値(初期値に対する割合の%表記)
HP 650(9 MP 215(5
攻撃 4025 防御 10(3
魔力 90(7 魔抵抗 150(5)
素早さ 90 技術 50(7)
HP回復 255 MP回復 4(5)
移動力 100 移動タイプ 鈍足
召喚数 2 召喚レベル 25%
ノック耐性   exp_mul 133
※所属クラスの一般兵より高い能力を青字、低い能力を赤字で表記

耐性

武器 砲撃 銃撃 対歩 対騎 対魔 突撃
-3 -3 -2 -2 -3   -3 -3
魔力  
+3 +2 +2 +2 +2 +2 +2  
麻痺 恐慌 幻覚 混乱 即死    
  無敵 -1 無敵 無敵 無敵    
※部隊スキルにより更に風耐性+1 土耐性+1

スキル

能力・耐性変化スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 詳細
猿の手 個人スキル 1~ 技術+100%
軍事教導者lv2 リーダースキル 1~ 訓練効果+2

戦闘スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
ミダス王の拳 個人スキル 1~ 攻撃×650% 接近時 0 対魔攻撃 0 石化付加100%
大計の策謀戦 個人スキル 1~ 魔力×100%   350 魔抵抗上昇 0  
パリ・デ・パスカルlv1 リーダースキル 5~14 魔力×85%
 ↓
魔力×100%
300 300

0
武器攻撃
 ↓
対騎攻撃
30 範囲,減速25%,麻痺付加100%
 ↓
範囲,誘導,貫通,麻痺付加100%
パリ・デ・パスカルlv2 15~24 2連射,範囲,減速25%,麻痺付加100%
 ↓
範囲,誘導,貫通,麻痺付加100%
パリ・デ・パスカルlv3 25~
魔都入学統制総局lv1 リーダースキル 1~19       召喚 40 ランダム召喚「紫宗魔女,緑宗魔女,赤宗魔女,黒宗魔女」
術者のレベル30%
魔都入学統制総局lv2 20~29 ランダム召喚「紫宗魔女,緑宗魔女,赤宗魔女,黒宗魔女」
術者のレベル45%
魔都入学統制総局lv3 30~ ランダム召喚「紫宗魔女,緑宗魔女,赤宗魔女,黒宗魔女」
術者のレベル60%
ジャクマリャ 個人スキル 20~   9999 9999     必殺技
召喚「ゾンビ,ゴースト,スリーピーホロウ」減速25%
※その他、紫宗魔女のスキルを取得。

固有部隊スキル

紫宗人海戦術
能力 攻撃・魔力-15% 防御・魔抵抗-10% HP回復・MP回復+25% 最大召喚数+2
耐性 風・土+1
人数揃えりゃ、一人くらい有能な奴が混じってる、はず。

アシストスキル

紫宗人海戦術
能力 攻撃・防御+10% 魔力・魔抵抗-10% HP回復・MP回復+25%
耐性 風・土+1
人を集める事を提案します……いや、私は捨て駒扱いするなよ!

雇用範囲 (【本編】百年戦争の終わりに)

雇用範囲 (本編以外)


陪臣にすることができる人材

...


陪臣になることができる人材

...


キャラ特徴

魔都紫宗の代表。
列伝からほとばしる小物感がハンパなく、イベント中でも実際その通りな人。
色々と悪事に手を染めてはいるのだが、悪人としても「"それなりの外道"止まり」と評されてしまう等、どうにも不憫。
しかし、真っ当に俗っぽい彼女はどこかぶっ飛んだ人ばかりの魔女人材の中では相対的に苦労人に属し、非常に安心感がある事も確か。

魔術学問以外に価値を感じない魔女達からの評価は低い。
……が、暗殺教団教祖・麻薬の製造から販売まで・奴隷商人と何だか副業ってレベルではないマルチ経営者。この人実は多才なのでは……?

全般

本編放浪人材。基本的に魔女伯領自治連盟の人材と思って良い。
戦役Ⅰではアルフリット所属の他の3色から一人だけハブられて青色砦に居る。何があった。
戦役Ⅱでは魔都四大学閥初期人材。良かったね……と思う間もなく、戦役Ⅲでは森林党からハブられ統一帝政リヴィエラ所属。彼女が一体何をした。
その後の更新によって戦役Ⅰのアルフリットにスフェイス卿が加わった影響か、緑色砦へカーム師ペトカと一緒に移動。ぼっちを脱出できた。
なお戦役Ⅲで一人リヴィエラに所属している状況には変更は無い模様。

ユニットとしてはかなり特異な性能の持ち主。
同レベルの紫宗のほぼ倍のHPと、後衛とは何なのか疑問になる高HP回復を誇る。そして育つと魔力より攻撃が高い、その辺の前衛より高い。
極め付けに驚愕の超高倍率攻撃ミダス王の拳を持つ。その倍率たるやアルシカの半歩必殺剣すら凌駕する。魔女とは一体何だったのか……
しかし実際には防御が低すぎるので前衛には到底立てない。ヨランドとは一体何なのか

部隊は前衛を率いるとなると防御が下がったりMP回復の関係で付与魔法が腐ったりする。そして何より殴る前に彼女が死ぬ。
メア・ベルタ部隊に放り込んで初めて敵に触れられるかどうかという勢いなので、普段は大人しく後衛率いるのが無難。
パリ・デ・パスカルは射程が短いため、後衛の中では極力前の方に置いておこう。

固有召喚はとうとう戦場でまともな形で見られる、ヨランドの魔法以外に優れた能力が現れた超高性能召喚。
現われる魔女は路傍の石だの喚く馬防柵だの酷い言われようだが、ゲーム的にはちゃんと魔女だし更に召喚を行うので質・量を兼ね備えるエグい技。
子召喚はレベルが15に達してもグレーターメイガスにはならないため孫召喚の数が増えたりはしないのが唯一の良心。

お勧め部下は西方死霊術師。西方死霊術師は素早さが低く、魔力の高い前衛より魔力が低いような闇魔道師中ではワーストポンコツ兵科であり、元々黒宗魔女という高性能死霊術師を一般化出来る魔女には縁のない兵科だが、召喚数は確実に死霊術師特有の高水準なので魔都入学統制総局をフルに活かせる。
アブキールの部下にすると前衛級の攻撃力から葡萄弾をぶっ放せる。相手は死ぬ。

操作方法

ミダス王の拳が光って唸って轟き叫んでないなら特に難しい操作は不要。
固有召喚スキルを指定して吐いた後は、陽動に便利なジャクマリャの使い所だけ意識しよう。

お前も石像になれ―


敵対時対処法

本人は何という事も無い紫宗。ちょっとHPこそ高いが実は一般より魔力が低かったりするのでほんとうに何という事もない。
付与魔法のため騎兵突撃すると盛大に麻痺する事も多いため、そこには注意が必要。
死ななくて困る事も殴られて困る事も基本的になく、ジャクマリャは出されても割とすぐ消えるので焦る必要もない。

しかし、召喚能力が純粋におぞましい。質の高い召喚を普通に1部隊で1勢力分くらい吐き出してくる。
おかげで所属勢力をもれなく召喚勢力に変貌させる。
範囲殲滅力が弱い勢力だとなかなか厳しいことになるので、できれば召喚者達を狙いたいところ…

ある意味で魔女人材で最も敵に回すと厄介な存在だが、もともと魔女自体が大量に召喚を出してくるのでそれが増えても意識しづらい。
そもそも放浪開始ターンが遅いため、雇われてない事も多く本編などではあまり目立たない。
本領を発揮するのは戦役IIIやランシナで登場する場合だろう。
ヨランドがいるだけで敵軍の性質自体が一変するレベルなので、敵対する場合は編成レベルで意識しておきたい。

旗揚げ・ランダムシナリオでのマスター時

勢力名 ヨランド暗殺教団
リーダー可能種族 人間
リーダー可能クラス 紫宗魔女 赤宗魔女 ブロブ兵 魔都紫宗猟兵 西部新興海賊党 西方死霊術師 マギ
本編以外の雇用と同様。後衛の役割が被っている所が多いが、他の魔都勢よりバランスの良い編成。
長射程の兵科が風魔法を使う魔都紫宗猟兵しか居ないので射程が足りないのが最大の弱点。
弓兵や砲兵の相手は西方死霊術師の遠隔召喚を生かさないと苦戦必至だろう。



  • 最終更新:2019-01-01 22:47:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード