ラベリヤ神聖同盟【貴婦人の戦い】

勢力情報

Flag4.png

神聖カルト・ハダシュト化(ネタバレ注意)

勢力説明

禍津巫女連の狂気、テスハム軍閥の乱心、アルシカ党の農民反乱、
視界の端で燻っていた火種は軒並み潰した。
残すは東帝国の正統を争うクロウスラー公との決着。

――と思っていたのは、
執政のヨーハンクラッツだけであった。

政治の話は除け者が居た方が早く片がつくのが常。
クロウスラー公国、コスタ公国、蒸気機関帝国の三者は
対神聖同盟包囲網における各国の比重どころか、
戦後に残されるパイの切り分け方を相談する段であった。
知らぬは神聖同盟のヨーハンクラッツのみなり。

基本情報


初期人材

リーダーに出来る一般クラス

mediora.pngginyohan.pngberuman.pngmontguid.pnggChechika.pngboan.pngbloodmea.pngguinkram.pngraugaru.pngbakusrobes.pngarkhai.pngjirudorutesu.pngguraneet.pngparachino.pngdelkasse.pngfrundsberg.png

神聖カルト・ハダシュト化(ネタバレ注意)


解説

広大な領土に帝都の圧倒的な収入、神聖同盟人材フルメンバーに加え、アンカレットさんや白砂糖人材や傭兵人材を確保したうえでお送りする神聖同盟の黄金時代。
しかし、その代償として周囲の全面が敵という厳しい戦況に投げ込まれている。
とはいえ全部の敵がまとめて襲いかかってくるわけではなく、各勢力の連結が切れて分断されており共同軍もあまりこず、
倒してしまえばその方面は完全に放置できるので、見た目ほど厳しい同盟ではないので落ち着いて対処していこう。
強烈なレベル補正と強力なボス勢力ユニットを擁するアルシカ党がラーケドの関を突破するまでに体勢を整えておけるかどうかが勝負の分かれ目となる。

神聖カルト・ハダシュト化(ネタバレ注意)


敵対時対処法

関連勢力


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2018-06-14 14:03:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード