リューリッカ・ハーデンス


人材情報

face702.pngunit702.png

旧顔グラ

列伝

弾道学の大家
モードル・トルシュナーの養子、元ハーデンス王女。北海砲術の祖、および北方における弾道学の大家。
同時に大陸指折りの優秀な物理学者、数学者にして、大陸において始めて転向力を正確に導いた人物でもある。
モードルがハーデンスを征服した際に、ハーデンス王位継承の為に当時幼いリューリッカを養子とした事から、エハトロにとっては叔母に当たる。
砲術研究の第一人者で、砲の登場初期からその戦術的価値に目を付けていた人物であり、
弾道計算や火薬量についての覚書を大量に遺し、後の北海砲術の基礎を築いた。
砲術家として並外れていただけではなく、浪費家としても頭抜けており、
大砲の的として一つの城や街を建てさせるなど、一時期は文字通り国が傾くほどの金額を研究に費やした。
彼女は自分の人生の全ては「観測、計算、破壊」であると言い続け、実際その通りに生きた人物であった。

台詞

雇用時:「私の人生の全ては、観測、計算、破壊である!」
退却時:「観測場として相応しくないっ!」
死亡時:「観測し、計算し、破壊する…… 追い求めたのは……効率というロマン……」

必殺スキル発動時

指定重点砲撃:「全世界と運命を支配する神の力、力学の粋を見るがいい……ふははっ、ふははははは!!」

ボイス

待機時

前進時

互角時

優勢時

劣勢時


基本設定

性別 女性 雇用費 (本編) 2800
肩書き 弾道学の大家 雇用費 (ランダムシナリオ) 1280
種族 人間 雇用費 (本編・ランシナ以外) 7800
クラス トルシュナー軽砲兵 維持費 -1200
上位雇用 
(ランシナ以外)
治療費 (×レベル) 200

能力値

括弧内は1レベルごとの成長値(初期値に対する割合の%表記)
HP 650(3) MP 20(3)
攻撃 110(9) 防御 10(5)
魔力 70(3) 魔抵抗 35(5)
素早さ 90 技術 40(3)
HP回復 2(3) MP回復 1(0)
移動力 100 移動タイプ 鈍足
召喚数 1 召喚レベル 25%
ノック耐性 無限 exp_mul 133
※所属クラスの一般兵より高い能力を青字、低い能力を赤字で表記

耐性

武器 砲撃 銃撃 対歩 対騎 対魔 突撃
-3   +2 +3 -3     -3
魔力  
+1 -2 +3 +3 +3 +3    
麻痺 恐慌 幻覚 混乱 即死    
  無敵 -1 -1 +3      
※部隊スキルにより更に矢耐性+1 水耐性+1 風耐性+1

スキル

能力・耐性変化スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 詳細
砲兵運用の機微 リーダースキル 5~24 移動力+50%
砲撃魔王 25~ 素早さ+45
虎の子の砲兵隊lv1 リーダースキル 10~19 移動力+15%
虎の子の砲兵隊lv2 20~29 移動力+35%
虎の子の砲兵隊lv3 30~ 移動力+50%

戦闘スキル

スキル名 スキルタイプ 習得レベル 攻撃倍率 発動距離 射程 属性 消費MP 備考
焼玉砲撃 リーダースキル 1~ 攻撃×100%
 ↓自然消滅時
攻撃×150%
425 425 砲撃 0 【必殺(1回)】
【付加:恐慌】【付加75%】
【チャージタイム:2】
【停止】【貫通】
【弾く】【ノックパワー:50】
 ↓自然消滅時
【範囲】【貫通】
測定海葡萄弾 リーダースキル 1~ 攻撃×225%
 ↓
攻撃×135%
225 275

0
対騎
 ↓
砲撃
0 必殺技
16連射,弾く,停止,恐慌付加75%,減衰距離195
 ↓
範囲,貫通
デッドマンズ・ハンド 個人スキル 1~ 攻撃×150% 50~485 485 砲撃 0 減速15%,クールタイム1
指定重点砲撃 個人スキル 15~ 攻撃×0%
 ↓
攻撃×60%
 ↓
攻撃×0%
9999 9999

砲撃

砲撃
0 必殺技(3回)
停止,クールタイム6
 ↓
弾く,混乱付加100%
 ↓
弾く
※その他、トルシュナー軽砲兵のスキルを取得。

固有部隊スキル

泳げ砲兵ちゃん
能力 HP+20% 防御・魔抵抗+35%
耐性 水・風+1 矢+1
「山を越える砲兵が居る、空を飛ぶ砲兵も居る。 ならば私は、砲兵を泳がせよう」

アシストスキル

ふてくされ
能力 攻撃-15% 移動力-50%
「砲兵は私が指揮するが、砲兵が私を指揮する事は出来ない」

雇用範囲 (【本編】百年戦争の終わりに)

雇用範囲 (本編以外)


陪臣にすることができる人材

...


陪臣になることができる人材

...


キャラ特徴

テキサス城のお姫様
大砲のことで頭がいっぱいのお姫様。エハトロの年下の義叔母。
「大砲と結婚している」と豪語する通りの大砲愛だが、
トルシュナープレイ時のイベントではなんと人間と婚姻を結ぶことになる。(リンク先ネタバレ注意・衝撃の
やると決めたことは決行する性格であり、彼女の前では北海の猛者達もただの男。
銃の扱いにも長けていて、攻撃スキルのデッドマンズ・ハンドは愛銃をぶっ放している様だが、砲撃属性。正にやりたい砲台。
ルーリアンのシナリオでも顔を出し、変わらぬ性格を発揮する。

全般

本編はトルシュナー北海帝国の雇用人材で出現し、それ以降は同勢力に所属。
大砲の攻撃力と移動力と耐久を大きく上げ、二種の必殺技を付与する砲兵のスペシャリスト。
自衛力に乏しい砲兵にとって移動力上昇、必殺技の恩恵は大きい。
本編では四種の大砲を、本編以外では全種の大砲と、おまけのダデア奇兵を雇える。
ただし、残念ながらロケット砲火炎放射器火矛槍手持ち式石火矢飛蛇ぞうさんカタパルト、そして自らの肉体が砲兵等は彼女の基準では砲兵とは言えない様である。

更新で支援砲撃系の必殺、指定重点砲撃を覚えた。
これは誘導付きの艦砲支援系とは異なり一昔前のネメシスやヴェリテ同様位置指定が出来、3回も使えるが、
倍率が低く、トルシュナー軽砲兵の技術の低さから混乱撒きもあまり期待できないのが悩み。後衛を狙って、多少なりとも損害を出せたら良しとするべきか。

操作方法

適時に必殺技を使用、ほかは通常の砲兵に準ずる。

配下で何を率いるかはプレイヤー次第。
無難な選択はトルシュナー軽砲兵。他砲兵と比べて移動力があり普通に強いのと、自身と同クラスで欠員補充が容易なため。
雇えるユニットが少なく貴重で、能力も強いラダドゥーム砲もあり。ラダドゥーム砲にとって移動力上昇は大きな助けになる。
砲兵のことで悩める、なんて幸せな事だろう……。

敵対時対処法

通常の砲兵に準ずる。
ただし狩る際にあたって測定海葡萄弾には注意。
騎兵だろうが歩兵だろうが一度は返り討ちにするトンデモ必殺なので、遠隔召喚か何かで無駄使いさせられると安心。

旗揚げ・ランダムシナリオでのマスター時

戦役雇用と同一。即ち、大陸の大砲の半数以上を一般雇用できる。
ただし、この手の後衛偏重の例に漏れず前衛が雇えない。
唯一砲兵ではないダデア奇兵の塹壕や、南海泡沫砲の相殺に加えてノックバックに優れた風琴砲を生かそう。


  • 最終更新:2019-01-31 21:33:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード