南海泡沫砲


クラス情報

unit384.png unit385.png unit386.png

クラス説明

...

能力値

括弧内は1レベルごとの成長値(初期値に対する割合の%表記)
HP 950(3) MP 60(7)
攻撃 100(9) 防御 65(1)
魔力 75(7) 魔抵抗 90(3)
素早さ 75 技術 50(3)
HP回復 4(3) MP回復 3()
移動力 100 移動タイプ 浮き砲台
召喚数 1 召喚レベル  
ノック耐性   exp_mul 133

耐性

毒・麻痺に無敵(+5)
対歩攻撃・恐慌・混乱に強い(+3)
銃撃に少し強い(+2)
魔力攻撃に微強(+1)
矢に微弱(-1)
武器攻撃・砲撃・騎兵突撃・火魔法・幻覚に弱い(-3)

武器 砲撃 銃撃 対歩 対騎 対魔 突撃
-3 -3 -1 +2 +3     -3
魔力  
+1 -3            
麻痺 恐慌 幻覚 混乱 即死    
無敵 無敵 +3 -3 +3      

クラスチェンジによる変化

レベル クラス名 雇用費 MP回復 移動力 移動タイプ 召喚数 召喚レベル 耐性
1 南海泡沫砲 300            
15 連装式南海泡沫砲 600     110      
25 ミトラィユーズ 3380     120      
35 ミトラィユーズ 6740     120      

スキル

スキル名 使用可能Lv 攻撃力 発動 射程 消費MP 属性 備考
南海の泡沫弾lv1 1~14 魔力×15% 625 600 10 水魔法 【2連射】【相殺レベル1】
【相殺:矢・火魔法・魔力攻撃・銃撃・
  武器攻撃・対騎攻撃・水魔法】
【減速40%】【クールタイム1】
南海の泡沫弾lv2 15~24 魔力×20% 650 625 【3連射】【相殺レベル1】
【相殺:矢・火魔法・魔力攻撃・銃撃・
   武器攻撃・対騎攻撃・水魔法】
【減速40%】【クールタイム1】
南海の泡沫弾lv3 25~ 魔力×30% 675 650 【4連射】【相殺レベル1】
【相殺:矢・火魔法・魔力攻撃・銃撃・
  武器攻撃・対騎攻撃・水魔法】
【減速40%】【クールタイム1】
禍津石火矢lv1 1~14 攻撃×100%→攻撃×40% 64~600 600   砲撃
 ↓
砲撃
【付加:恐慌】【付加100%】
【停止】【クールタイム2】
 ↓
【範囲】
禍津石火矢lv2 15~24 攻撃×110%→攻撃×45%
禍津石火矢lv3 25~ 攻撃×120%→攻撃×50%
測定海葡萄弾 1~ 攻撃×225%→攻撃×135% 225 275   対騎攻撃
 ↓
砲撃
【必殺(1回)】
【16連射】【停止】
【付加:恐慌】【付加75%】
【弾く】【【ノックパワー:99】
【減衰距離195】
 ↓
【範囲】【貫通】
ピンホイール弾 1~ 攻撃×75% 780 780   砲撃 【必殺(1回)】
【停止】
【付加:恐慌】【付加100%】
【範囲】【貫通】【ノックパワー:20】
【着弾位置:375, 625, 825, 965】
改良型砲耳 1~ 攻撃×0% 900 900     【必殺(15回)】
【誘導】【加速40%】【クールタイム5】

所属する人材


雇用できる人材

...


解説

主に南地中海周辺で運用される砲兵。共和ルートで雇えたり、いろんな所で見かけるが一応コスタの兵科である。
使用する禍津石火矢は軽砲兵騎兵?にも使用されるだけあって射程が短く単発の威力も低い。
その代り、弾速とクールタイムに優れるので狙った敵にダメージが集中しやすく、状態異常ダメージの蓄積効率も良く、
召喚獣などの敵群を処理する能力も高いと、敵前線を狙うのには素晴らしい性能を持っている。
また、この兵科は泡を吐けるので、他の砲兵であれば何もできない砲撃のクールタイムを有効に活用できる。この泡はコスタ軍の中距離戦のやたらな強さに一役買っている。
ピンホイール弾に葡萄弾、砲耳など砲兵の必殺技もあまさず取り揃えており器用。移動タイプも中々優秀。値段も砲兵基準ではリーズナブル。
銃兵を一方的に虐殺し、突撃してきた相手を葡萄弾で吹っ飛ばす中近距離の覇者。
特に葡萄弾は騎兵でも歩兵でも容易く殺す属性と威力を備えており、敵に回すと相手するのが心底面倒くさい。
多くの人材が雇用できる事もあって何かと便利だが、射程の関係上、砲兵ながら砲兵・弓兵を直接狙って撃ち合いをするのは苦手。
一応、ラダドゥーム砲長弓兵の後退半径700はともかく、他の砲兵と弓兵の後退半径は基本的に550なので理論的には射程圏にいれることはできるのだが…
まぁピンホイール弾があるのでそれをうまく活用するのが現実的なところだろうか
なお、魔術兵や銃兵に関しては余裕で射程内まで近づいてきてくれるので(召喚壁の厚さにもよるが)基本的にこの射程でも安心してもいいだろう。

ちなみにこの兵科自体は後退半径が575に設定されており、実は普通の砲兵より後ろにいようとする。
要するに射程600を全力を活かそうとするいうことなので非常にめんどくさい…
そして他の砲兵とおなじように雑にひき殺そうとすると葡萄弾で漏れなく死ぬ憂き目にあう。
対処として砲・弓の長射程で撃てるようにするか、近接しなければならないのならば葡萄弾を撃たせてからさがることを意識して被害を最小限に食い止めよう。
幸いノックバックのおかげで騎兵は下がりながらうければ致命傷にはならない。突撃兵は…諦めよう…

傭兵としてはアストラ砲より使いやすく、ダーダ砲より圧倒的にコストが安いのがウリ。
共和ルート自体がヘルベチカ槍兵を雇うのが最大の目的とされがちだが、こちらも砲兵が足りないなら雇って損はない。
内政ルート限定傭兵の強みである複数回の雇用でコストが上がらない点を生かそう。
雇用ラインはヴァケット・ド・ショワズールからは蒸気人材及び各地の砲兵人材に雇用がつながるが、
わざわざこの兵科を雇わなくても魔都紫宗猟兵→アブキールからヴァケットは拾えるので雇用ライン目的で雇うメリットは皆無。


  • 最終更新:2019-02-13 22:21:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード