月光藩閥【硝石のエルサレム】

勢力情報

Flag63.png

勢力説明

【ED有】
帝国の都を落とした今こそ、積年の恥辱を雪ぐ時に他ならない。
なのに宮廷は二の足を踏み、未だ外国に阿ろうとしている。
これは父祖への許されざる悪徳に他ならぬ。
二つの貿易会社が強大な軍事力を背景に侵攻を進める中、
土侯が自らの土地を守る為に取れる行動は次の三つ。
南ギベリン西海公社に従属してメディアの勅許会社と戦う。
あるいはその逆。さもなければ土侯同士で連合を組み、踏み潰されるまで戦って死ぬ。
その何れも、ジバ・ラダドゥームの皇帝権を無視した大逆である。

基本情報


初期人材

リーダーに出来る一般クラス

tagrsingh.pngjahplrajah.pngmetedorayon.pngabudora.pngmoghowr.pngmuhrando.png

解説

ジバ皇帝の方針に不満を抱く土候達の勢力。

戦役Ⅰの月光藩閥とは違い一般リーダーで西部新興海賊党西方死霊術師も雇えなくなった換わりにジバ銃兵が雇えるようになっている。

また、戦役と違い南ギベリン西海公社と宿敵になっているため戦役以上の苦戦を強いられるかもしれない。
戦役Ⅰよりも以前の時系列であるためなのかそれとも完全なIFであるためなのかは不明だが、とにかく四面楚歌の状況にあることは確かだ。

添え物程度の存在としてエヤレト連合党が同盟国ではあるが、
この戦況を覆すような力は持たないので同盟期限まで待って取り込んでしまう方がまだマシである。
黄旗仙游軍とは戦役同様まあまあ良好な関係であるので仲良くなれると攻略は少し楽になるかもしれない。

外交にも兵科にも難があり、難易度:高は伊達ではないと感じさせてくれる。

ED有りの勢力であり、クリアマークをつけることが出来る勢力でもあるため初級者卒業の腕試しとして挑戦する勢力としてはちょうどいいかも知れない。

敵対時対処法

同シナリオに登場する勢力ではほとんど苦戦することは無いと考えられる。
敢えて挙げるとすれば一部高性能な人材がいる点には注意がいることもあるかもしれないが、
所謂噛ませ犬ポジションの勢力なので、よほど酷いミスをしない限り特に問題は無い。

関連勢力


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-09-28 15:37:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード