魔女伯領自治連盟 攻略(本編)

状況確認

スフェイス郷の目下の敵はお邪魔女共とアルフリット王家。
この勢力はちょっと特殊で、ターン毎の課題を達成しないと強制敗北となる。
easy以外の難易度における敵初期領地の拡大が発生していると最初から宿敵アルフリットと隣接している事もある。
だが、アルフリットの次に近いコスタ、オトランとは簡単に仲良くできる。
オトランと同盟しておかないとアルフリット戦で横やりを入れられる場合があるし、共闘を組めればアルフリットに対する心強い肉の壁になってくれる。
また、コスタにしてもアルフリットと戦った後にコスタとまで戦闘するのは辛い。
この二勢力とは少ない資金から絞り出してでも友好を深めるべきだろう。コスタは周辺領地の経済値が高いので1ターン目に外交しておくのが得策。


初期人材とリーダー化可能クラスについて

スフェイス郷
マスター。魔女にしたって低すぎるHPと、複数種の魔法、優秀な部隊スキルをもつ。
簡単にお亡くなりになるので緑宗を率いての最後衛がお勧め。あまりレベルがあがらなくなってしまうが死ぬよりはマシってもんだろう。

カーム・シシリィ
射程の長い風魔法を付与し、凶悪な魔力から繰り出す最凶の大魔法【赤い風】で大虐殺を繰り広げるトップクラスの魔法使い。
詳しい事はTipsの大魔法の欄を見ていただければ分かるが、赤い風は敵の密集地点に打ち込むことで周辺の敵ユニットを容易く壊滅状態に追い込める。
このカーム・シシリィの運用如何で序盤の苦境を切り抜けられるかが決まる。

メア・ベルタ
魔女の身で前衛となりうる耐久力。最前衛に置こう。魔女には貴重な騎兵戦力であるハルシュタット不死騎兵を雇用可能。
使用する大魔法、ヤスナ・グラの奇跡は他の大魔法と違い指定地点に発動するのではなく、術者から貫通性うどんビームが放たれる、直射軌道攻撃。
敵の迫る前衛をダバーっと溶かしてくださる。カーム・シシリィと同じく生命線。

雇えるのは対物・対魔に特化した二種の前衛と、四色魔女。召喚も回復も長距離攻撃も備え、ある程度の殲滅力もあるが、機動力が低く、曲射と範囲攻撃に弱い。
大砲以外となら大抵の相手と戦えるが、少しのミスで壊滅しうる危うさを秘めている。
攻撃手段が魔法に偏重しているため、相性が大きく出る。

序盤の動き

アルフリットをぶちのめし、早急に魔都を抑える。
オープニングでは軽くあしらえと言ってくるが、隣接する領地が多すぎる上に同盟は不可能なので叩き潰すしか無い。
アルフリット軍は非常にバランスがとれている上に、魔女の天敵弓兵がおり、魔法に弱いユニットが特にいない。
しかし魔女伯と同じ歩兵国家の常、騎兵と砲兵がいないため殲滅力に欠ける所がある。召喚を上手く活用すれば勝てない相手ではない。
大魔法を習得した宿将二人は、少しのお伴がいれば一戦線余裕で支えられるくらいのスペックがあるので分散して配置。
弓兵が多い戦線に騎兵を率いたメア・ベルタを配備しよう。

どうしても戦線を維持したまま魔都を取れないのなら、ユタハラを廃棄するのも手。
5ターン目以降は一定ターン以内に領地が規定以下だと敗北なので一時しのぎ以上にはならないし、後々もっと辛くなるがその場でゲームオーバーよりは希望がある。

それ以降の動き

次々凶悪な魔女人材が加入するし、一般も強力なので戦闘にはあまり苦労しないだろう。
魔女伯は宿敵が少ないので外交がかなり自由。侵攻ルートもかなり選べる。
個人的にはオトラン、コスタとの同盟を維持、アルシカ党とプラスで必要に応じてオルティア、メディアと同盟し、豊かな大陸南東地帯を奪い取ることをお勧めする。

ラスボスはサノア。散々イベントで登場した後、満を持して登場。象牙の塔が魔都と接続する。
魔法に強く、魔都相手には天敵かと思われるが彼の凶神と同じく単体にしか攻撃できない接近攻撃持ちの弱点、召喚の海に沈められると無力化されてしまう。
アルシカ党に次ぐ召喚大国の魔女との相性は最悪である。召喚が届けば後はまな板の上の鯉。
ギロベッツからカッサンドラを雇い、お惣菜か軍事理論でMPを300以上に補強、後は魔力供給の出来るタングステン部隊、もしくは傭兵雇用の宮廷魔術師を随伴させればお手軽に召喚の海を作れる。
最後に、対サノア戦ではスフェイス郷、フロラント・リンギ、メア・ベルタの三人を参戦させるのをお勧め。

  • 最終更新:2017-08-11 05:53:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード